FC2ブログ

2015-08-31

筆談ホステス

最近読んだ本を紹介します。
「筆談ホステス」斉藤里恵著

これはタイトルの示す「筆談ホステス」こと著者である斉藤さんの半生を綴った、自叙伝的な著書です。彼女は幼くしてほぼ耳が聞こえない体となっていまうのですが、幼少期はそのようなハンデを持ちつつも兄弟や親友たちといった人々の支えの中で明るく育ち、ある時から接客業に自分の適正を感じるようになり、ホステスとして働き始め、「筆談で接客をするホステス」として人気を得るようになるまでの軌跡や彼女のこれからの前向きな夢が書かれていました。

この本は数年前から耳にしていて、「耳が聞こえなくてもホステス、そんな人もいるんだな」くらいに思っていたのですが、今年の帰宅の区議会議員に立候補し、見事トップ当選を果たしたというニュースを知って、改めて彼女の存在が気になりだしたのでした。

まずみなさん知っての通り、ホステスは接客業の中でもお客さんとの会話で成り立っているような職業であり、耳の聞こえない方がどうやってホステスとしてコミュニケーションをとるのか、というのがとても興味深いところでした。実際斉藤さんもホステスとして働き始めたときは、周りの人から「本当にできるのか」「どうやって仕事をするのか」というのを心配されていたそうです。しかし、斉藤さんは得意の「筆談」を武器にして、逆に口頭での会話では出来ないようなコミュニケーション’(例をあげれば、イラストを描いてみたり、漢字の成り立ちなどで教訓を示したり、他のお客さんやホステスにばれないような秘密の会話をしたり)をしてそれを輝く個性として、銀座の人気ホステスにまで成長することになったんだそうです。

ありきたりだけれども、この本からはとても勇気をもらったし、自分にどんなハンディキャップがあろうとも工夫次第でそれを武器に変えることもできる、つまり「ハンディを良い訳にして前に進まない人」と「ハンディを乗り越えて前に進んで行く人」の差が明確にある、という素晴らしい教訓を教えてもらいました。確かに生まれた環境や自分の生まれ持った性質等は選ぶことができないし、それを周りと比較して不公平に感じてしまうことは誰にだってあるし、むしろそれが普通だと思います。けれど、その自分を取り巻く環境や性質と向き合うかどうかで、妥協してそれなりの生活を送るか、自分に本当に合った生活を切り開いて行くか、という分かれ目になるのだな、と感じました。

ホステスというお仕事についても、この本を読んで初めて知ることが多かったのですが、お客さんを呼んで楽しませたり、喜んでもらえるようにするという意味では、自分がやっている仕事や音楽活動とも共通していて、彼女の苦悩や喜びに共感できる部分も多かったです。また私が大学の時にやっっていた塾講師のアルバイトは、講師が生徒さんから指名される方式だったので、もろに指名の数や授業の数がお給料に直結するし、自分の仕事ぶりや担当してる生徒さんの成績や試験の結果がその後の自分の評価や指名にも関わってくるという世界に身を置いていたので、ホステスのシステムは厳しくも思えたけど、全然人ごとだとは思わなかった。そしてそこでも色々な講師の方がいたけど、自分の個性を割り切って売りに出来る人というのは、やはり生徒から人気のあることが多かったので、本当に自分という材料を生かすも殺すも、料理の仕方次第なんだなと感じた。

そしてまた彼女は「耳が聞こえない」というハンディを持ちながらも、ホステスという世界に飛び込んだその勇気に、何よりも感服してしまう。
余談だが私は学生時代から勉強の中で英語が好きで、中高大学や塾や予備校などで英語だけは自主的に勉強してきたのだが、実際外国には行ったことが無くて、その英語を使ったり海外の場で英語力を磨いたという経験もない。これだけ長い時間を英語の勉強に費やしても「自分の英語力なんかでは海外に通用しない」と弱腰になってしまう。そんな中、全く英語を喋れない人が海外の人と楽しげにコミュニケーションをとっていたり、全く英語が分からない人が一人で海外に行って英語がペラペラになったという話をきくと、なんだか「悔しい」というか、「なんで私にできないでその人にはできるのだ」と思ってしまったりする。そしてその要因は、先ほどいったような意識の差というか、飛び込むためのほんの少しの勇気なんだろうと思う。

「どうせ自分なんか」とか「これがあるから自分には無理だ」とか決めつけていて、色々な可能性を自分で狭めている場合は多くて、そして歴代の偉人や有名人たちは、そのような普通の常識を覆すようなことを成し遂げて来ている。凡人になるか天才になるか、ただの人になるか奇跡を起こすか、夢を叶える叶えないというのも、本当にその人の意識やモチベーションが占める割合が大きく、もしかしたら生まれ持った環境や性質、才能なんてものはほとんど関係がないのかもしれない。偉人の逸話とか、奇跡のお話とかをきくと、こうゆうことをすごく感じさせられるけど、この本を読んで改めてそのことを実感した。前に紹介したビリギャルのお話もそうだけど、ハンディを持った人がなにか凄いことをやってのけるというのは、周りの人にとてつもない勇気や感動を与えるものだ。

私も、自分の環境やハンディを理由にして行動しない「ただの人」にはなりたくない。
どうせなら、バカみたいに自分を信じてみて、全力で自分の置かれた状況と向き合ってみたいなと思ったのでした。


〜ライブ情報!ご予約受付中!〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月3日(木)
@赤坂グラフィティ
「歌女-utaime- act.62」
開場 / 18:30 開演 / 19:00
前売 ¥ 2,300 / 当日 ¥ 2,600(+1D)
<出演>
上田マユミ/神楽サティ/笠井香奈/光未-terumi-/Kazue
※出番は19:30~です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オススメ】9月26日(土)
@明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
辻村崇×ひまわりpresents「はじめまして」
開場 / 17:30 開演 / 18:00
前売 ¥ 2,500 / 当日 ¥ 2,500
<出演>
辻村崇 / 神楽サティ / トモクロウ / まい

シンガーソングライター兼ギタリストの辻村崇さんの企画!
辻村さんとは初対面ですが、当日即興で私の曲をコラボする素敵な試み!オススメです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月2日(金)
@代官山NOMAD
NOMAD Presents「 十人十色 ~ノマコレ~Vol.38」
open18:00 start18:30  
前売り¥2500・当日¥2800(D代別)
<出演>
門西恋 / 美里ウィンチェスター / 橋爪もも
上野まな / 松岡里果 / 神楽サティ
※出番は18:30~です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オススメ】自主企画ライブ!
神楽サティ Presents
『ホームパーティ』
10月25日(日)
開場 17:30 開演 18:00
場所 明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
料金 2000円+1D

<出演>
おとなり / isao / graymarina / てるいちゃん / 神楽サティ

※21頃からオープンマイク・交流会の予定!
音楽だけじゃなく、食べて飲んで喋って楽しめる会にしますので、ぜひぜひご参加下さい◎

2015-08-29

楽曲紹介コーナー 第12弾 「不器用な唄」

はい、こんばんわ!(現在時刻AM3時30分)
変な時間に寝ちゃって変な時間に起きちゃったので、ブログでも書いてみます!

今回は、私のオリジナル曲を不定期に紹介する楽曲紹介コーナー!(ってゆうカテゴリがあるので、よかったらみてみてください)

こないだ初披露した新曲「不器用な唄」について書いてみます。まず、歌詞はこんな感じです!



「不器用な唄」
作詞・作曲 神楽サティ

難しく考えなくて いいんだよ いいんだよ
一人で落ち込まなくて いいんだよ いいんだよ
解り合える人なんて なくても 悪くはないんだよ
知らないことだらけだって それくらいが ちょうどいいんだよ

簡単な人になれたなら 簡単に生きていけたなら
誰にも頼らず 迷惑もかけず
自分だけを守れたなら

泣いて泣いて たまに笑って
それだけで素晴らしいことだよね
息を吸って 空見上げれば
ちっぽけな僕たちなんだよね

寂しいならその気持ち 誰かに伝えてごらんよ
きっとその時君だけが 寂しいわけじゃないんだよ

もっと上手に話せたら もっと器用に生きられたら
何にも考えず 笑顔を作って
毎日を過ごせたら

こんな夢も あんな夢も
あの頃は たくさんあったよな
いつからだろう こんなものと
負け犬みたいに 吐き捨ててる

もっと素直になれたなら 素直な人になれたなら
分からないことは 分からないと言って
馬鹿正直でいられたら

泣いて泣いて たまに笑って
それだけで素晴らしいことだよね
息を吸って 空見上げれば
ちっぽけな僕たちなんだよね

簡単な人になれたなら




この曲は前回の記事でちょっと触れた通り、ライブの前日に一日で書いてこないだ一度披露しただけなのですが、その時は意外とご好評を頂いて「歌詞がいいね」などのコメントも頂いたりしました。

私は曲を作る時、結構思い詰めるというか、歌詞とかメロディとかあまりスムーズに出てくる方ではなくて、時間がかかってしまったりしばらく曲がかけなくなったりすることも多くて、近頃もそんな感じでなかなか曲が書けないなと思っていた時、ふと「難しく考えなくていい」というフレーズがメロティとともにふっと浮かんで来て、そこから糸をたぐるようにして一気に書き上げました。

こんな書き方は普段したことが無くて、いつもは曲のコンセプトを決めて色んな言葉を集めてメロディもああでもないこうでもないしながら書いてくタイプなのですが、この曲に関してはそうゆう事前の準備もなく、一つのフレーズからどんどん積み上げて行く感じで、歌詞もメロも割とすらすらと出て来てあまり苦労せずに出来ました。

そのため苦労して作った感がないので、正直良い曲かどうかも分からないし、いつもの作り方と全く違うからか曲調があまり自分ぽくはない気もするけど、歌詞とメロが一緒に出て来たので、口ずさみやすい無理の無い感じの曲になったと思います。

ただ自分で読み直してみると、歌詞の内容はすごく自分の内面をよく表してるというか、自分への応援歌とかテーマソング的な風にもとれなくないかも。行き詰ってた自分に誰かから「そんなに考えなくていいんだよ」と言って欲しかったんだろうか。それが自分だけのものではなく、聴いてくれた人にもエールを送れるような曲であればいいなと思います。

アレンジとかは、時間がなかったというのもありますが、曲の世界観を考えてあえてすごくシンプルにしました。また今後やっていくので、変化して行くと思います。「この曲の音源がほしい」っていう嬉しいお言葉も頂けたので、いつか音源にしようと思いますが、しばらくはライブでぜひ聴きにきてみて下さいね。では、おやすみなさい!

2015-08-27

8.26 三軒茶屋グレフル

昨日は久々に三軒茶屋のグレープフルーツムーンさんでライブでした。調べたらおそらく去年の11月ぶり。
今回もお世話になっている渋谷 LOOPの五十嵐さんとウェブマガジンASHIATOのモリマツさんが企画してくれたもので、前回の12日のライブ同様とってもいい出演者さんたちで前から楽しみにしておりました。

今回は、私以外みなさんバンドだったりサポートさんと一緒だったりして、弾き語り出演は私だけで、全体的に豪華な編成で歌い上げる感じの方が多かったです。それもあってか、たくさんの人に聴いてもらえて、そして色々な方に声をかけて頂けました。今回はお客さんが温かくて、反応がよかったしCDもたくさんお手に取って頂けました。
自分の演奏も今回は結構手応えがありましたが、やはり共演者さんのレベルが高くて、耳の肥えたいいお客さんが多かったってゆうのが大きいと思いました。私はトップバッターだったけど、ほとんどの方が最初から最後までいてくださっていて、そうゆうライブも中々ないと思います。自分も他の方のを観ていて、とても楽しかったですし、とてもいいイベントだったと思います。

あと、この日新曲を初披露しました。タイトルは「不器用な唄」。実はこの曲、ライブの前日にふとフレーズから思いついて一日で書いた曲で、そんな曲を次の日のライブでやってしまいました。今考えるととても恐ろしいです。笑 作ってたときはライブでやろうとか何も考えていなくて、単純に勢いで一気に作ってしまったんだけど(普段の私は一曲作るのに何ヶ月もかかったりするので、一日でできたのは実は初めて)できてみたら「あ、これ明日のライブに合いそう」とか思って、なんとなく練習して、とうとう当日「やっちゃおう」といういうことになりました。この日のライブは自分が唯一の弾き語りだったので、弾き語りが映える曲をやりたかったんですけど、それにピッタリな感じだったので。

そして当日、リハではかなり危ない完成度で、セットリストに入れてしまったことを後悔したのですが、本番は結構うまくいって、なんと観て下さった何人かのお客さまから「新曲が一番好き」「泣きそうになった」「あの曲の音源がほしい」という言葉をもらうなど、予想以上の反響を頂きました。この日は色々な方から声をかけて頂けたのだけど、むしろそれもこの曲をやったおかげかもしれない。

この曲については、あとで楽曲紹介で載せたいと思います。とにかく、色んな要因が重なって今回のライブは自分の中ですごく手応えがあって、毎回このくらい手応えのあるライブができたらいいな、とも思いました。いつものライブとは何がどう違ったのか、その要因がちゃんと自分で分かるようになることが大事だと思います。お客さんや共演者さんや会場といった外的な要因もあると思いますが、自分自身の完成度や、選曲やMCなんかも大事だし(ちなみにMCは自他ともに認める酷さでした。笑)、毎回ちゃんと考えて、その都度お客さんの反応をみてしっかり反省して行きたい思います。

関わって下さったみなさま、ありがとうございました!


〜今後のライブ予定〜

次回は9月3日!そして10月25日は自主企画!
詳細出てるものだけここに載せておきます。それぞれご予約お待ちしてます^^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月3日(木)
@赤坂グラフィティ
「歌女-utaime- act.62」
開場 / 18:30 開演 / 19:00
前売 ¥ 2,300 / 当日 ¥ 2,600(+1D)
<出演>
上田マユミ/神楽サティ/笠井香奈/光未-terumi-/Kazue
※出番は19:30~です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オススメ】9月26日(土)
@明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
辻村崇×ひまわりpresents「はじめまして」
開場 / 17:30 開演 / 18:00
前売 ¥ 2,500 / 当日 ¥ 2,500
<出演>
辻村崇 / 神楽サティ / トモクロウ / まい

シンガーソングライター兼ギタリストの辻村崇さんの企画!
辻村さんとは初対面ですが、当日即興で私の曲をコラボする素敵な試み!オススメです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月2日(金)
@代官山NOMAD
NOMAD Presents「 十人十色 ~ノマコレ~Vol.38」
open18:00 start18:30  
前売り¥2500・当日¥2800(D代別)
<出演>
門西恋 / 美里ウィンチェスター / 橋爪もも
上野まな / 松岡里果 / 神楽サティ
※出番は18:30~です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オススメ】自主企画ライブ!
神楽サティ Presents
『ホームパーティ』
10月25日(日)
開場 17:30 開演 18:00
場所 明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
料金 2000円+1D

<出演>
おとなり / isao / graymarina / てるいちゃん / 神楽サティ

※21頃からオープンマイク・交流会の予定!
音楽だけじゃなく、食べて飲んで喋って楽しめる会にしますので、ぜひぜひご参加下さい◎

2015-08-24

有意義な同窓会

先日、大学時代の研究会の先生宅で、同期と先生で集まって同窓会をしてきました。

私は同窓会っていうと本当はあんまり好きな方ではなくて、小学校とか中学校の同窓会はたしか一度も行ったことがなく、高校の同窓会も行ったのは1.2回くらいだろうか。行けば収穫はあったんだけど、どうも大人数での集まりがもともと得意じゃなかったり、あとは本当に会いたいと思った人は個別に連絡とって少人数でまったり話したりするのが好きなので、私の性格的なものがあるのですが(笑)、実は今まではあまり参加してきませんでした。なんとなくだけど自分自身、中学→高校→大学ってそれぞれが全然違う生活を送ってて、その時々で周りにいる人の雰囲気も全然変わっていたから、その前に付き合っていた人達とは疎遠になってしまう傾向にあった。はたから見たら、いわゆる「コミュ障」に近いのかも?笑

でも、そんな今まで所属して来た色んなコミュニティの中でも、私がずっと大切にしたいなと思ってる数少ないうちの一つが、この大学の研究会でして。まずコミュニティといっても、そもそも私の大学のキャンパス(学部)は、専攻とかがなくほぼ選択授業で成り立ってるような自由なところだったので、興味分野も幅広く色々な人がいたのですが、私のいた研究会は「芸術や言語や思想」なんかに興味がある人たちが集まって来ていて、そのテーマだけでも広いので集まってくる人達は個性や研究テーマもばらばらだったのですが、なんとなく研究会に共通してる雰囲気みたいなものがあって、私はその雰囲気がすごく居心地がよくて好きでした。

先生はフランス語のNHKの講座をやられている、フランス語やフランス文学などが専門の方なのですが、研究会はフランスの縛りは全く無く(実際フランス語を学んでない私のような人も入れました)前述のテーマに関して自分の興味のあることを自由に研究して、定期的に授業で発表しながら、先生や生徒同士でディスカッションしていくような研究室でした。ちなみに私は2年の春から所属して、最初は作詞家の阿久悠さんのことを研究テーマにして時代の歌について考えていて、その後は宗教やスピリチュアリティについて考えつつ、最終的には幸福論を卒論テーマにしていました。(ざっくりすぎるので、ちゃんと知りたい人は本人まで)

そんな感じで今回は同期の数名だけでしたが、同窓会を先生のお宅で行いました。先生のお宅も大学時代は研究の発表会で半年に一回集まるのに使っていた懐しの場所で、先生ご自身も全然変わっていなくて、相変わらず癒し系。そして研究会の同期は、話してみたら中身は変わっていないけど、それぞれ状況や肩書きが全然変わってて。フランス留学中で今一時帰国してる子、大企業に就職して会社の人間関係に悩んで休職中の子、成田空港で働いてる子、今年結婚して主婦しながらも絵の仕事をしてる子、それと私と先生、という個性豊かなメンツでした。

みんな深く考えたりするのが好きな子が集まっていたので、お互いの研究テーマにもなんとなく関心を持っていて、この研究会でやってきたことは自分の研究はもちろん、他の子の研究についてディスカッションしたことも、その後の自分の人生で大事なことがたくさんあったと思います。ま、芸術とか思想とかって、あまり普段の生活では実用的ではないかもしれないけど、「善く生きるには」「心豊かに生きるには」「倫理」みたいなところに通じてくるように、人として必要なことなのかもしれない。それをここで学べたことは、今でもすごく糧になっているし、そうゆう大事なことを一緒に考えて来た仲間だからこそ、ずっと議論をできるような関係を保ちたいとも思う。前述のようにそれぞれがそれぞれの方向で活躍してたり、修行していたりするので、バックグラウンドが違うけど、やはりみんな軸の部分がしっかりしてて、それぞれの話をしていてもお互い興味を持って面白く聞けるのが、改めて私はいい距離感だなと思いました。

そんなこんな、今までの人生行きて来た中でずっと交流が続いている人は、私は実は少ないのですが(主に自分のせいで)、いい交流会に参加したりするとそうゆう関係の人の大切さが身に沁みます。全部の同窓会に参加する気は、正直まだありませんが(笑)、やっぱり行ったら行ったで意外と盛り上がったり、あまり話したこと無かった人の魅力を知ったり、人の変化が刺激になったり、面白いことも色々あるなと。これからも自分がずっと交流をしていたい人ってゆうのは、ちゃんと連絡して定期的に会えるようにしていきたいな、と思います。無理矢理なまとめですが、みなさんもぜひ、大事にしたい人にはまめに声かけてみて下さい。

はい、それでは次のライブ!これは私は弾き語りですが、他の方はがっつり編成のようで豪華なライブです。
オススメなので、ぜひご都合よければ遊びに来て下さい^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この日はとてもおすすめです!出番19:30~!

8月26日(水)
OPEN 19:00 START 19:30
前売¥2000 当日¥2500
会場:三軒茶屋グレープフルーツムーン
<出演>
ふるのつばさ / unconditional love / shoco / 神楽サティ

2015-08-20

新企画「ホームパーティ」始めます!

こんばんわ!今月はブログをあまり書いてなかったので、後半追い上げて行くぜ!

ここで発表!10月25日(日)、実験的に新しい自主企画イベントを開催することが決定いたしました!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神楽サティ Presents
『ホームパーティ』

10月25日(日)
開場 17:30 開演 18:00
場所 明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
料金 2000円+1Drink

<ライブアクト出演者>
おとなり(http://otonari.net )
isao(http://isaokokoro.net)
graymarina(https://www.sites.google.com/site/graymarina1021/)
てるいちゃん(https://www.youtube.com/watch?v=Pp_0Lfk4IIs&app=desktop)
神楽サティ(http://saty3310.aremond.net)

※21時頃から、オープンマイク&交流タイムを予定しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の企画は、今までのものとは違う新しい試みとして、ミュージシャンやお客さまなどイベント参加者同士の「交流」を重視していくことがねらいです。

会場である「ひまわり広場」という場所は「リビング」をテーマとしたとてもアットホームな空間で、その会場のあたたかな雰囲気を生かしてメインの音楽のライブだけではなく、お食事や飲み物も楽しみながらそこで出会った人々との交流を深めて頂けるよう、出演者のライブは早めに終了し、その後21時ごろからは誰でも参加できるオープンマイクと交流タイムにしていきたいと思います。

〜ということは、ミュージシャンの方はお客さんとして来ても、歌っちゃえばいいんだよ☆〜

ライブ出演者も、このイベントにふさわしい素敵な方々が揃いました。私もこの日はアコースティックセットで行います。
なお、今回のイベント会場はお席が限られていて、コンセプトとしてもゆったりと座って頂く感じにする予定なので、参加を希望される方はなるべく早めのご予約をお願い致します。

〜そう、早い者勝ちだよ☆〜

実験的なイベントなので、どうなるか不安な部分もありますが、いい感じなら今後継続してやっていこうかとも考えています。7月にバンドでの企画をやって、今後は企画はバンドでやっていくことも考えたのですが、やはり今でも活動の軸が弾き語りやアコースティックであるので、こちらも怠らずに定期的に自分に気合いを入れて行きたいし、またお客さん同士が企画を通して交流して繋がったりするのが個人的にとても嬉しいので、いっそそういったものを重視したイベントをするのも良いかなと思って、こうしたものを企画しました。

少し先になりますが、音楽はもちろん、お食事や会話をゆったりと楽しみに、ぜひぜひ遊びに来て下さい!
プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR