FC2ブログ

2015-10-15

立ち止まる

結構久々のブログ更新になってしまいました。
自主企画まであと少し、という時期であり、本当はブログもまめに更新したり告知を頑張ったりすることが理想だと思うのですが、今の自分は自分の人生とか生き方とか、目の前にあることよりも大きなことを漠然と考え込んでしまうような傾向にあって、ある意味殻に閉じこもりがちな日々でした。それはある意味現実逃避かもしれないけど、逆に新しいことに興味が出て来たり、自分に足りないものが見えて来た部分もあります。漠然と考えて生まれて来た、いくつかの断片。

小学校の頃、私は一部の同級生から「いくらちゃん」と呼ばれていた時期があった。小学生の頃、親しい友人以外と話すのが結構苦手で、給食の時間に5〜6人の班になって向き合って食事をする時、その時間私はほぼ無言で食べていることが多かった。話しかけられればそれなりの返事はするけれど、班に親しい人がいなければ、自分から話題を持ちかけたり、また既にあがっている話題や会話の中に入ろうとすることがなくて、給食の間の私は自然と無言になってしまっていた。その結果、「お前は給食の時間大人しくて、ほとんど喋らないから(サザエさんに出てくる)いくらちゃんみたいだな」と言われたことがあって、その班にいた期間はあだ名がいくらちゃんになったのだ。今考えるとあまりセンスのいいあだ名とは言えないが、私は給食の時間自分が喋らないということに気づいてもいなかったし、それが変だとも思っていなかったので、当時その言葉にはとても面を食らった。その時から自分は「大人しい」「人見知り」なんだと自覚しはじめた。

この性質は大人になった今でも、基本的な部分は変わらない。自分が社交的だとは思わないし、親しい人の数も多くない。そして、人との会話の場面でも口数は多くはなく、聞き手だったり受け身だったりすることが多いと思う。でも、自分の性質は「人見知り」という言葉でも説明はできないような
気がしている。確かに社交的ではないけれど、相手によっては初対面でもすごく打ち解けられる人もいたり、一度話があってしまうと、かなり色んな話や深い話をすることもある。

これは大学の頃あたりから気がついたのだが、大学ではグループワークという形式の授業があり、その授業ごとに同じ受講者同士でディスカッションをすることがあったのだが、私はこのような場面では、意外と自分からすすんで話題をふったり、話を進めたりすることも多かった。そのような時の自分は初対面の人に緊張するということもないし、初対面の人と話せないということもなく、むしろその場で初めて会った人と自然と会話をして、その中で相手の情報を少しずつ引き出して理解して行くのが楽しいとも感じていた。そして私は同時に人見知りの性質も持ち合わせているからか、初対面で「この人は話が苦手そうだ」と感じた相手の時は、その人のテンポ感に合わせてじっくり話をしていく技も覚えた。グループワークとか、やることが決まっていて、話題のフォーマットが存在している場面だからかもしれないけど、明らかにその瞬間の自分自身は「人見知り」ではなかったと思う。

しかし、大学を出てからでも、私は幾度となく「人見知り」の自分を経験して来た。まず職場に配属された時、私は職場の人の中で勝手に萎縮してしまい、休憩時間に職場の人とご飯を食べる時ほとんどまともな会話ができなかったし、そのせいでその休憩の食事の時間が苦痛だった。仕事中であれば、仕事についての話を聞いたり、質問に答えたりしていればよかったが、休憩中はその用意されたフォーマットが何もなくなって、何を話していいか分からない。今でこそ私が何者であるとか、どんな性格や話し方だとか、職場の人はだいたい分かっているだろうけど、その時はまだそのような情報がお互いになく、その状態で何を話せば良いか分からず、私は無言になっていた。小学校の時の給食の時間を思い出した。
また最近では、ライブ会場でもその時によって私の「人見知り」が発揮される。というか、音楽活動でライブハウスに行く時、たいがい私は人見知りである。まず出演者の方々、そしてお客さん。たいがいにおいて私は愛想がよくないというか、多分少し斜に構えたように感じ悪く映ってしまっている気がする。(誰かから言われたわけではないが)それは機嫌が悪いとか楽しくないとかではなく、ライブ会場ではいつも内心そわそわしてしまうのだ。会場から開演の間、演奏前、演奏後、終演後の物販の時間、その日の雰囲気にもよるが、たいがい私はそわそわしている。なんだか居心地がよくない、というか、自分がその空間にどう接していいのか、どうゆう態度でいればいいのか、分からない。その結果いたたまれなくて、最近は物販もろくにせずにライブ会場を早く立ち去ることもある。そうかと思えば、リハーサルから出演者と会話が弾み、そのまま気づけば終演になってしまうくらい、その場に馴染んでしまうような日もある。私は自分が人見知りなのかなんなのか、未だに判断しかねる。


話がだいぶ脱線して長くなったけど、最近は例えて言えばそうゆうことを深く掘り下げて考える時間が増えた。約25年間、自分という人間をやってきてるわけだけど、未だに解明されていないところがあったり、また驚くほど世間の平均から遅れをとっているようなところに気がついて、愕然としたりする。
私は本を読むのは好きだけど、今まで小説というものをほとんど読んでこなかった。それは今まで小説に興味をもつ魅力的なきっかけや魅力的な本に出会っていなかったからかもしれないが、そうして縁遠かった小説に惹き付けられるような出会いが重なり、私は今小説をすすんで読めるようになった。まず自分の中で小説は以前まで学生時代の国語の教科書や問題集の中のイメージにとどまっており、その当時の自分にとってそれらは「問題」を解くために与えられたものであり、出来る限り速く短時間で読み、修飾部などの不要なものは読み飛ばして重要な部分だけ深く読む、ということを常に要求されていた。そのためか、学生の頃の私は小説文は物語の全ての時系列ではなく断片的にしか読んでおらず、面白いものとも思えていなかった。国語はとても苦手で、特に小説文の読み解きは周りの人よりも劣っている意識があった。文章を読んでも一回では頭に入らず、何度も同じところを読み返したりしていたが、限られた時間制限の中でそれも出来ない状況で、よく理解できないまま問題を解いていたので、ますます小説を楽しむどころではなかったのだ。

しかし今の私には国語の問を課されることも無く、ゆっくりと自分のペースで読むことが許される。分からないところを何度読み返しても怒られないし、自分に合わない本やあまり好みではなかったものは自分の意志で途中でやめることもできる。今更ながら小説を読む楽しさに目覚めるなんて、中学生にも笑われそうだが、今はそんな新しい世界に出会えたという新鮮さで私の目の前の世界は輝いている。

少しずつ自分というものをよい方向に変えて行きたいなと思っていて、今まで人から言われたり忠告されたことについて、頷けるものやそうでないものも含めて、全部思い返し耳を傾けてみて、それについて一度考えてみることが必要だな、と思っている。その結果、小説を読み始めたり、新しい音楽を聴き始めたり、なんだかちょっとずつ、世界と歩み寄っていきたい気持ちが強まっている。人見知りの自分は、相手や場の雰囲気によって現れたりそうでなかったりするのだが、それを無理にどんな場面でも社交的に近づこうと思う必要も無い気がする。ただ、卑屈になって世界から閉じてしまうのではなく、人見知りの自分が出ている時、うまくその世界の中に自分を存在させる方法を見つけたいなと思う。社交的な人は魅力的だが、自分が常にそこを目指すのではなくて、人見知りしている自分の心境をその場面で素直に表現して、自分はその世界が嫌いなのではなく、うまく当てはまる方法が見つけられていない、ということが伝えられたら、そしてそれを自分でも理解することができたら、今よりもっと生きやすくなるのかなと感じる。


なんだか、結局意味の分からない投稿になってしまった。笑

色々考えていることはあるんだけど、文章にするのが難しくてなかなか書き出せなくて、なんとか書いてみようとしたのですが、やっぱりうまく行きません。しかしこれも、ただ無言でいるのではなく世界と歩み寄ろうともがいてみた結果なのです。笑

今はいずれにせよ、目に見えて前進していくのではなく、立ち止まって考えている時期だと思います。この時期は重要であると思うし、ここで自分が今まで後回しにして来たことにちゃんと向き合って行きたいなと思います。そんな煮え切らない長々とした近況報告でした。

2015-10-01

辻村崇さん×ひまわり広場「はじめまして」

こんにちは~ 今日から10月ということで、先月27日に辻村崇さんの企画に出演させて頂きましたレポートを。
この企画タイトルは「はじめまして」という名前なのですが、なんと共演者の方はもちろん、主催の辻村さんともこの日が初対面。しかもただ自分だけで弾き語りで歌うのではなく、全曲辻村さんにギターサポートして頂き、サウンドチェックで少し合わせただけで本番を迎えるという、なんとも冒険的な企画。お世話になっているひまわり広場さんにお誘い頂いたのですが、とても面白そうだったので、ぜひとも!と参加させて頂きました。

辻村さんはイメージよりもずっと気さくで親しみやすい感じの方で、初対面のリハからはじめましてとは思えないくらい打ち解けられた感じでしたし、実際合わせてみたときも初合わせなのにとってもやりやすかったです。何曲かは辻村さんの希望でピアノなしのギターとボーカルでやってみたものもあって、その曲でピアノを弾かずに歌うのは初めてだったのですが、ギターもめっちゃ安定してて安心して歌えましたし、しかもほとんどの曲でコーラスも入って下さって、器用さにも脱帽でした。

本番もたくさんの人が来てくれていて、辻村さんの人脈の広さを感じましたし、なにより私だけではなく他の2組の出演者の方も初対面で全曲サポートをこなされていました。並大抵のことではないのは分かっていたけど、みていても本当に飽きなかったし、面白くて素晴らしい企画だったなと思います。この日は、大学時代の親友やたまたま福岡から来ていた大学時代の親友、足の調子が悪い中杖をついて来て下さった方もいて、忙しい中時間を割いて見に来て下さった方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

辻村さんや来てくれていたお友達のミュージシャンの方は、たまたま帰りの電車も一緒で、先輩としてのお話を色々伺うことができました。高校生の頃から課外で活動してきて、シンガーソングライターとしてソロやバンドとしても活動しつつ、3ヶ月ごとに企画やワンマンをこなしてきていて、それ以外にも結婚式のBGMの演奏や、ミュージシャンのサポート業など、本当に音楽に一途に取り組んで来た方なんだと分かったし、そこで当然のごとく色んな経験を積んで色んな思いを味わって来たんだということ。私にとっては、ある意味ライブハウスなど自分に近いところでそうゆう活動をされて来た先輩の言葉ってゆうのは、ものすごく現実味があって説得力があった。音楽を好き、という気持ちがあるからこそ、嬉しいことも辛いことも含めて受け止めて、続けて行けるんだなと。なんだかとても大事なことを、たくさん教えて頂けました。本当に参加できてよかったです。辻村さんやひまわり広場さんを始め、関わって下さったみなさま本当にありがとうございました。


さて、明日もライブです!代官山NOMADさん。
出演者6組と盛りだくさんなので、お時間ある方はぜひ!


10月2日(金)
代官山NOMAD
open18:00 start18:30  
前売り¥2500・当日¥2800(D代別)

門西恋
美里ウィンチェスター
橋爪もも
上野まな
松岡里果
神楽サティ


——————————

そしていよいよ今月になりました自主企画!ライブあり、おいしいお食事あり、オープンマイクありのホームパーティにぜひお越し下さい♪

神楽サティ Presents『ホームパーティ』
10月25日(日)
開場 17:30 開演 18:00
場所 明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
料金 2000円+1Drink
<出演者>
おとなり / isao / graymarina / てるいちゃん / 神楽サティ
21:00~ オープンマイク&交流タイムあり

お待ちしております!

2015-09-23

無理するのはやめた

前回の記事はSNSダイエットということで、意識的にSNSを見る時間を減らすようにしてますって内容だったのですが、かれこれ2週間以上経ちましたが、今では意識的に減らすってゆうダイエット的な感覚もなくなって、もう必要以上に見たいと思わなくなってきてます。食べる量を我慢してたところから、食欲や食べたい量自体が減ったというか、今ではたまにスマホを確認したり投稿するときだけ開く程度で収まっている感じです。

そんな感じでSNSから少し距離を置くようになって、自分の身には早速変化が現れ始めてます。まずSNSを見なくなった分の空いた時間で、本を読んだり映画を見たりするのが今はとても楽しいし充実していると感じる時間。音楽も、成果が出てきた訳ではないけど、前よりはかなり意欲的に勉強するようになってきました。前まで気づいたらなんとなくダラダラ時が過ぎて行き、自分が無駄な時間に遊ばれているような感覚だったのですが、今は自分のしたいことにちゃんと時間を使えていて、自分の意志で時間をコントロールできるようになってる。そのために睡眠時間やタイムスケジュール等も少しずつ管理できるようになってきた。時間って本当に自分の過ごし方次第。一日という時間がダラダラして過ごすのと一生懸命何かを吸収して過ごすのじゃ、天と地ほどの差があるし、それがそれぞれ習慣となれば毎日繰り返していく訳で、あっという間に人間の質としての差が広がっていくんだよね。

さっきからSNSを否定したいわけじゃないんですが、要するにSNSに遊ばれるのではなく、うまく活用して付き合って行くってことに、やっと気がつけたのかもしれない。SNSを辞めたいとは(今のところ)思わないし、活用するときは活用したい。それをきっかけに輪tが広がったことも何度もあるし、素晴らしい道具として自分の意志で使って行けたらと思う。お酒とかもそうかもだけど、自分にとって有効なツールになるように、上手に使って上手な付き合い方ができるようになれたらなと思う。


またこうした行動や習慣の変化に合わせるように、自分の考え方も変わって来た部分がある。なんか習慣を改めると、今まで見えてなかって部分や気づいていなかった部分に気づいたりして、今まで信じてやって来たことや知らず知らず重荷になっていたこととかも、実はどうでもいいことだったり、あまり重要ではないかも、と思えたりする。音楽活動するとして、一生懸命がんばろうって気持ちがあって、それを頑張ることが善であり正しいことだと思っていたけど、そう思ってしていたことが気づかぬうちに自分にとってストレスになっていることもあった。でも、なんだか最近はいい意味で、ある部分ではどうでもいいかなと思えてきた。
私が活動をしたりしなかったりしたところで困る人がいるわけでも、気にする人がいるわけでもない。現時点じゃただの自己満足なんだし(自己満足を抜け出すことが最終目標ではあるけど)、自分がライブをしなかったり、活動をしなかったところで、誰かに迷惑をかけるわけでもないんだから、やりたくないことまでやる必要はないんだな、と。ここ2年弱くらいの間、毎月休まずライブをしてきたけど、正直その活動はどれだけの人に影響を与えて来ただろうか。どれだけの人に知られて来ただろうか。どれだけの人に楽しんでもらえただろうか。

そんなことを考えたら、こんな自分の活動なんて、とてもちっぽけでどうでもいいことだと思えた。
あくまでも、私的にはいい意味でだ。

別に休んでも良いし、休んだところで世界がどうなるわけでもない。別に何も変わらない。
苦しいと思うことをやって大きな成果があるわけでもないし、休んだからといって誰かが怒ったりする訳でもないんだし、自分の気持ちにもっと正直に生きてもいいんだ。


自分の作品を作るとして、「こうした方が正解だ」と言われたものをそのままコピペして作るぐらいなら、そんな作業に自分なんていらない。自分の作品とかいって自分の名前を出すものに、自分の存在も意志も意図も何もなくなってしまう、これほど虚しいことはない。どんだけ自分が低く見られてるか知らないけど、100点満点の解答を作るために自分が関わったり意見することが邪魔になるなら、そんな行程で作り上げられたものに少なくとも自分の名前を出したくはない。

例えばゴーストライターとか盗作とか、そんなものも世の中に山ほどあるだろう。それがどうゆう過程を経てそうなったのかは分からないけど、もし正解かどうかだけで判断するなら、誰が作ったとか誰の手柄なのかとかもどうでもいいことだ。その作品だけ単独で存在してればいいんだから。でもそれが作者がいるものとして発表されるものであるなら、誰がどうゆう意図でそれを作ったのか、作ろうと思ったのか、そこに何があるのか、表現したいのか。それも含めて作品となるからそれらに対する批判は生まれる。そうゆう根底にあるものが軽視されて、薄くなって、消えてなくなってしまえば、その作品に顔や名前なんて無いし、個性も何もない、形として正解であったとしてもそれは作者にとっては何の思い入れも愛着もない、無だ。


したくないことはしない。こうゆうしなやかな心を持てた今、前よりはとても居心地が良い。

交友関係が狭まっても、誰かに嫌われても、それが私にとって本当に必要なことでなければ、それでいい。無理して何かを手に入れるより、無理せず何かを手放してまた時期を待てば良い。もともと知り合いや友達なんて多くないんだし、無理してよくみせよう頑張ろうなんて思わなくていい。小さいのに大きく見せて身の丈に合わないことなんてしなくていい。今は好きなことだけしてたいのです。それが一番幸せ。

2015-09-08

SNSダイエット

ここ数日間、少し自分に課していることがあって、それはtwitterとかfacebookとかのSNSを見る時間を最小限にすること、なづけて「SNSダイエット」です。

普段疲れて寝てしまったり、余裕が無かったりでやりたいことができなかったり、「今日こそはこれをやろう」と思っていたのに気づいたらあまり進まずに夜遅くになっていたり、そんな感じの日が多くて、それは単に「時間がない」のではなく「時間の使い方が下手」である自分に問題があるな、と感じていました。

それで普段の生活の中の時間の使い方を見直したら、SNSをぼーっと眺めてるような時間がすごく多いなと思って。確かに有益な情報とかもあるし、周りの人やフォローしてる人の色んな情報が流れて便利だし面白くもあるけど、自分の時間をそこに費やしすぎるのはいかがなものかというのと、たいてい何の目的もなくただぼーっと眺めてることが多かったので、一旦そうゆう習慣を改めて見ようと考えて、今プチ「禁SNS」中です。お知らせとかメッセージとかの通知があったら確認するので、連絡はとれるようにしてるのですが、自分からは長時間開かないようにスマホの画面の手の届きづらい(何回もスクロールしないと出てこない)場所に置いております。

あ、このブログは一方的な発信ツールだと思ってるので、普通に書いています。笑

ライブ情報とかつぶやきとか、なにか発信したいことがあるときは、twitterやfacebookも使って行くのですが、今まで用がなくても癖で開いてしまってたのを、一定期間は少し控えてみたいと思います。

お酒もたばこもしないので、禁酒とか禁煙の類いを実践してる人が「あー飲みたい」「吸いたい」っていう気持ちがあんまり分からなかったんですが、私もSNSを見るのが習慣になってしまっているのか、気を抜いてると気づいたら見てしまいそうになるんです。お知らせとかメッセージとか確認したら、そのあとタイムラインを見て、つらつらと眺めて…あ、やばいやばい!みたいな。自分の習慣が一連の流れになっているということにも、プチ禁を始めて気がついたことです。

でもその分、少し手持ち無沙汰で落ち着かなくなったと思ったら、本を読んだり、映画を見てみたり、ピアノに触ったりする時間も増えて、大分自分にとってはいい効果が現れていると思います。あと私普段ほとんどテレビを観ない生活なのですが(あまりに観る頻度が少ないので、通常テレビのコンセントを入れてない)少しテレビも観るようになって、世の中のニュースとか流行ってるものとかちょっとだけ興味をもつようになりました。笑 ネットで話題のトピックとかも見ていたけど、興味があるものしかクリックしないネットとは違い、勝手に目に入ってくるテレビの情報って、やっぱり自分を広げてくれる可能性や魅力があるな〜と。実は子供の頃は大のテレビっ子で、家にいるほとんどの時間テレビを観て過ごしてたんですが、それが今では意識しないとテレビ観ない人になってるので、人間って変わるものですね。笑

そんな感じで、これからはSNSとの付き合い方をよく考えて、上手く活用できるように模索していきたいと思います。一応音楽活動をしてる身分として、活動するのには大事なツールなので、ライブ告知などには引き続きしっかり使わせて頂きます(笑)それと並行して、自分の中身の部分とか創作の活動とかもちゃんと力を入れていこうと思います。器用な人ならどっちも全力で出来るんだろうけど、私の場合そこのバランスを見失いかけてたので、ちょっと調整したくなったんです。

あ、SNSの反応とかしないと「付き合い悪い」と思われるかもしれないけど、最近逆に色んなことへの好奇心は高まっているので、ぜひメッセージとか送って頂ければちゃんと見ますので、ぜひお誘いください。笑 引き続き、よろしくお願いします!

2015-09-03

まとめてライブ告知! (おまけ エンブレム問題について。)

いよいよ夏もそろそろ終わり、9月ですね。このブログも9月で2周年に突入します。早いなあ。
明日(もう本日)、赤坂グラフィティでライブです!そして9月10月の現在決まってるライブの詳細が出そろいましたので、ずらっとご紹介。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月3日(木)
@赤坂グラフィティ
「歌女-utaime- act.62」
開場 / 18:30 開演 / 19:00
前売 ¥ 2,300 / 当日 ¥ 2,600(+1D)
<出演>
上田マユミ/神楽サティ/笠井香奈/光未-terumi-/Kazue
※出番は19:30~です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月23日(水・祝)
『いろいろあるけど、笑ってる君が一番好きなんだ!フェス!!』(よろっとさん企画 9/21~23開催)
場所 神楽坂マッシュレコード
チケット 2500円 (2day 4000円 3day 5000円)
いずれもソフトドリンクはフリーです。
※プチ屋台が出ます!
※飲食、持ち込み自由!

【タイムテーブル】
1600 開場 
1630~1640 オープニング
1645~1710 神楽サティ ※ここで出演予定です。
1715~1740 miiiii
1745~1810 manna

1810~1825 休憩

1825~1850 フカザワネコゼ
1855~1920 きむらゆか
1925~1950 仲街よみ
1955~2020 よろっと
~2200 交流
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オススメ】9月26日(土)
@明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
辻村崇×ひまわりpresents「はじめまして」
開場 / 17:30 開演 / 18:00
前売 ¥ 2,500 / 当日 ¥ 2,500
<出演>
辻村崇 / 神楽サティ / トモクロウ / まい

シンガーソングライター兼ギタリストの辻村崇さんの企画!
辻村さんとは初対面ですが、当日即興で私の曲をコラボする素敵な試み!オススメです!
※出番は18:50~40min.です!辻村さんサポート!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月2日(金)
@代官山NOMAD
NOMAD Presents「 十人十色 ~ノマコレ~Vol.38」
open18:00 start18:30  
前売り¥2500・当日¥2800(D代別)
<出演>
門西恋 / 美里ウィンチェスター / 橋爪もも
上野まな / 松岡里果 / 神楽サティ
※出番は18:30~です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オススメ】自主企画ライブ!
神楽サティ Presents
『ホームパーティ』
10月25日(日)
開場 17:30 開演 18:00
場所 明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
料金 2000円+1D

<出演>
おとなり / isao / graymarina / てるいちゃん / 神楽サティ

※21頃からオープンマイク・交流会の予定!
音楽だけじゃなく、食べて飲んで喋って楽しめる会にしますので、ぜひぜひご参加下さい◎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明日のライブ、それ以降のライブに来られる方は、いつでもご連絡お待ちしてます!

とにかく自主企画はオススメ!いつもの企画とは違う感じでアットホーム感割り増しの雰囲気で、出演も最多の5組。みなさん素敵なアーティストさんです。
今回は私の演奏はアコギ・カホンといい感じに仕上げて行きます!お楽しみに!




あと余談なんですが、昨日オリンピックのエンブレムの撤回会見があって、今日はテレビをつけると(普段ほとんど観ないけど)そのニュースで持ち切りでした。
確かに過去の作品に似ているデザインがあったり、今回のものも同じようなものがあって盗作だと疑われたり、あとは内部発表用の資料でネットの一般人の資料を流用したり、不手際だと思われる部分はあったと思う。自分の作品として世に出るものを、もっと確認をする義務はあったと思うし、著作権を甘くみていた部分など佐野さんの落ち度があったのかもしれない。

けれど、Facebookの知り合いの方がシェアしていたこの記事を読んで、報道によって動かされた自分の心情がとても浅はかだったと思ったし、報道の演出の仕方がとても恐くなった。

http://t.co/wcsjAkuCqa

この記事の方の意見をみると、メディアが過剰に一面的な報道しかしてなくて、いかに色々な視点が欠如しているかがよくわかった。私は普段テレビをほとんど観ていないけど、今回はテレビをつける度にどのチャンネルも同じニュースを同じような切り口で扱っていて、まるで佐野さんを犯罪者に仕立てたいというようにも感じられたし、とても違和感を感じた。

前提として、デザインとか音楽とかクリエイティブの業界で作品が類似してしまうのは、程度にもよるけど数えだしたらキリがないくらいよくあることだし、一流の人達だってネットで散々「◯◯と似てる」だの「似てない」だの叩かれてるくらいだ。

確かに今回の件でオリンピック開催地としての日本や東京のイメージが悪くなって、どうしてくれるんだという国民の気持ちもあったり、本当に故意の盗用であれば罪になるのだろうけど、本人は否定していて故意で盗用をしたと断定できない状況で、なぜあそこまで一個人を寄ってたかって責め立てられるのか。責任の追及が仕事なのは分かるけど、一人の人間を精神的に追いつめていいというのとは、別次元の話だと思う。それは過去の小保方さんとかの問題もそうかもしれないけど。ネットだって、誹謗中傷で野次馬したいだけの人だけではなくて、色々な見識を持った人や業界に精通した人の様々な視点の意見もあるのに、なぜそうゆうことは取り上げないで、一つのストーリーに仕立てようとするのか。

別に佐野さんの味方をしたいわけでもないし、佐野さんが本当のところ故意で盗用したかどうかは私には分からないけど、なんかメディアの在り方とか、メディアの恐ろしさみたいなものを感じてしまった。

視聴率をあげることとか、放送時間の問題とか、他局より先にいち早く取り上げるための競争だったりとか、色んな事情があるのは分かるが、佐野さんがここまで積み上げて来た素晴らしいお仕事の実績とか評価や、業界や専門家の人の様々な意見など、一元的ではなくもっと多面的に視聴者に考えの幅を持たせたり、考える余白を提供することはできないのだろうか。

この記事と出会ってなかったら、あやうく「そうか、佐野さんって犯罪者だったんだね」という結論以外考えられないところだった。
それこそメディアによるイメージの植え付けとか洗脳みたいなものにも思えるし、報道のプロならば、追求だけでなくもっと様々な事実や資料の提供をしてほしいと私は思った。

おまけで長くなりまして、勝手な意見を失礼しました。ではでは明日はライブがんばるぞ。
プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR