FC2ブログ

2014-08-27

8.25 下北沢屋根裏

この日は先月に引き続き、屋根裏さんでのアコースティックイベントでした。
一言で言えば、とても色んな発見があった。人からも自分自身の演奏からも学ぶことが多かった。

まずすごく出演者さんたちのレベルが高くて、店長さんのお言葉をお借りすれば、この日はみなさん「本格派」だということでした。一定の歌唱力や演奏力がしっかりしているのはもう前提で、このアーティストさんは何を売りにしているか、ってゆうところがそれぞれに高いレベルで確立されているようで、ありきたりな言葉でいえば、本当に勉強になりました。ライブが「よかった」ってゆうレベルはクリアしている中でその人が目指している理想形でよりよいものにしていくには、ってゆう視点で私も1人の観客として見させていただいてました。この日に自分も出演させていただけたことを、とても光栄に思います。

そして自分のライブは、3曲目にやった「イイワケ」という曲を店長さんにすごく褒めていただけて、「あの曲だけ異質」といって頂けたのが、なんだか嬉しかったです。この曲は前に楽曲紹介でも取り上げましたが、ぐちゃぐちゃの頭の中をそのまま曲にしたような、色んな意味で「型にはまらないこと」を意識して作ったので、それがうまく伝わったというのは本当に嬉しいことでした。いつもライブでやってもあまりしっくりいかないことが多いのですが、今回は演奏していて自分でもいつもと違う感触があって、まるで何かがおりて来たように自然と入り込むことができました。初めての経験だったのですが、この曲は上手くいけばかなりの破壊力があるんだということを知って、曲や自分自身の表現の可能性がぐーんと広がった気がします。

あと前回の反省を生かしてか、今回は今までで一番MCのバランスが上手くいったと思います。長過ぎず、でも伝えたいことは伝えられたと思う。そんな感じで、演奏や歌、MCに関しても、自分の中での気づきや発見がたくさんありました。これはおそらくこの日の屋根裏さんのハイレベルな雰囲気が引き出してくれたものだと思うので、本当に屋根裏さんや共演者のみなさんに感謝です。

今回思ったのは、実は屋根裏さんはすごく自分に合ってるライブハウスだということ。いや、私の方が屋根裏さんに合ってるって言わないとダメか。ここに出演させていただくと、すごく吸収できることが多い。ただ出演者がハイレベルなライブハウスならたくさんあるだろうけど、ロックやバンド経験などがルーツにある方々というのは、私にもっとも足りなくて、かつ取り入れなければいけない部分をもっている人たちなんだと思う。今回本当に感じた。相手にメッセージを「伝える」ということだったり、自分を変に「飾らない」ということだったり、自分の目指す先に必要なエッセンスみたいなものをたくさん含んでいるんだと思う。だから屋根裏さんに出演することは、これからも自分にとってはすごく大きな経験になるだろう。

そんな屋根裏さんに、10月もイベント出演のお誘いをいただき、なんと7~10月の4ヶ月連続で出演させていただくことに。予定調整していたけど、10月も対バンさんがすごく良い日だと伺って、どうしても「この日も出たい!」と思いまして。こうなったからには、毎回吸収した分だけ成長して、10月以降には生まれ変わったようになろうと思いますので、ぜひご期待ください!

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR