FC2ブログ

2014-05-21

楽曲紹介コーナー第2弾 「イイワケ」

今日はお休みの日だったのですが、一日中ひたすらにインプットし続けた日でありました。
今は主にコード進行の勉強をしておりまして、やっぱり好きな曲をコピーすることほど、曲作りにおいて勉強になることはないんじゃないかな、とつくづく感じます。理論とか知識なんかもある程度知っておいた方がいいと思うけど、たくさん曲をコピーしてる人は理論なんかも体験的に自然と体にしみついて、引き出しやストックが多い分いい曲が書けるのではないでしょうか。

あと今日はギターも結構練習できた。買ってからあんまり触れてなかったのだけど、最近ますますギターやってる人みると憧れが強くなって、ギター上手いだけで誰でも勝手に尊敬しちゃいます。練習もちょっとずつ楽しくなって来て、やっと私にもできる気がして来たー!
あ、まだコードもちゃんと弾けないのだけど。笑 



そんなこんな、昨日から始まったコーナー楽曲紹介、第2弾しちゃいます!
今回は、5月からライブでやり始めた新曲から
「イイワケ」
という曲を紹介します。

このブログでも、いろいろグダグダ書いてましたが、最近まで私自身全く曲が書けない時期が続いていました。その様子はもう前の記事などさかのぼれば、よく分かると思いますが。笑

その時期、自分の頭はもう色んなことでぐっちゃぐっちゃで、なんか八方塞がりだなーというか、何をやっても上手くいかなかったり、何をやっても自分はだめなんだと思ってみたり、そしてそうゆう思考はやはり表情や言動にも表れるみたいで、なんとなく人間関係もぎくしゃくしたり、それは自分の中に原因があると分かっていて、人との関わりもなんとなく避けようとしていた時期でもありました。

そこで、前々から自分の頭の中を占めているある考えがあって、それをいずれ曲にしようと常々考えていたのですが、その自分の内面と深く向き合っている時期に、ずっとあたためていた想いが強くなってきて、やっとそれが形になったものがこの曲でした。

以前、仕事で先輩に何か私がした仕事の内容について注意を受けたとき、「どうしてこうしたの?」「あなたはどう思うの?」と質問をなげかけられたことがありました。私はその時、自分がその行動をとった理由、思ったことなどを一つの主張のつもりで述べたと思うのですが、それを受けてその先輩に「それは言い訳だよ」と言われたことがありました。

この曲を作った背景には、その時いわれた「言い訳」という言葉がすごく心に引っかかっていたことがあります。その先輩が嫌だったとか、その出来事が納得いかなかったとかいうことではなく、その経験で感じたのは、自分の意見とか主張ってゆうのは、他人からすればただの「言い訳」になる可能性があるんだと。そこの境界線というのは、自分と他人の価値観の境界にあたると思うのだけど、自分がいくら考えて出した答えとか意見であっても、自分では「こうゆうつもりでいった」とか「客観的な意見だ」と思って言ったとしても、言葉として外に発せられたそれについて最終的に判断するのは、それを聞いた他人であって、その他人である誰かがきいて「自分を正当化している」とか「自分を弁護している」と感じられたら、それは主張でも意見でもなく単なる「言い訳」としてとらえられるのだと感じたのです。

じゃあ、もう何を言っても何を思っても、全部ただの言い訳じゃないか。

と当時その質問に対して、必死に考えたつもりで答えを述べた私は、思ったのでした。

その「言い訳」という言葉は、頭の中であーでもないこーでもないと色々考えながら八方塞がりになっていた時期に、いつもまとわりついてきて、結局私が今考えてることは全部言い訳になっちゃうのかもなーとか思ったりして。そんなぐっちゃぐっちゃな状態で曲もなかなか書けず、って感じだったのですが、どうしても何か曲を書きたい!と思った時に、むしろそのぐっちゃぐっちゃの頭の中をそのまま言葉にしたような曲を書こうと思ったのです。そうして最初にやったことは、ノートにとにかく鬱々とした言葉や考えや想いをひたすらに書きなぐっていって、それがある意味ストレス発散にもなったのですが、その言葉をもとに歌詞を書いてメロディーをつけて、という感じで曲がだんだんと形になっていきました。

この曲は今までの中でも詩先(歌詞が先にできる)の要素が特に強いと思いますが、全体的にまとまりはなく、きれいな言葉や巧みな技法なんかもみられず、ただただぐちゃぐちゃで鬱々とした想いを書き並べたような感じも見て取れます。でも、この曲は最初からそれでいいと私は思ったのです。なので、すごく私的で独りよがりな感じもすると思いますが、それはある意味狙っていたことでもあります。

まだアレンジなど改善の余地があると思いますが、自分の今までの曲とはまた異なるタイプの曲に仕上がったと思っています。詩も曲の構成もコード感も、「自分の決まりきった型をこわす」ということを狙っていたので、それに関して成功したかなと思って、この曲ができたことでまた自分の枠を広げられたという思いもあります。

ライブでもまだ数回しかお披露目してませんが、演奏や歌にすごく感情が込められる曲です。
みなさんにとって、言いたくても言えないような「イイワケ」はありますか?
ぜひ、実際に曲を聴いてみて何か感じていただけたらと思います。


「イイワケ」
作詞 / 作曲 神楽サティ

矛盾だらけ理想だらけ 今日も曇り空
気づけばまた散らかってる部屋 積もってくガラクタ

共感も 同調も 人の優しさも 全部孤独を募らせる
本音でも 建前でも 上も下も 裏も表も

人目を気にする 見せかけの充実感も
バーチャルな友達の数も
みんな自分を守るためなんだ

言いたいけど言えない
言いたいけど言えない
何かを恐れて 何かを守って
ほら また理由を探してる

変わりたくて変われなくて また1つ溜め息
頭の中 同じ答えが ぐるぐると渦をまく

窮屈で鬱屈なこの世界に 希望なんて見当たらない
耐えきれない 逃げ出したい 居場所がない 先が見えない

適応して 役に立って 人を愛し愛される
それだけに価値があるのなら
そんな器用ないい子になれない

言いたいけど言えない
言いたいけど言えない

ダラダラ ムシャクシャ イライラ ダラダラ ムシャクシャ イライラ
そうやっていつまで先延ばしてる?
ダラダラ ムシャクシャ イライラ ダラダラ ムシャクシャ イライラ
そしてまた別の道を探してる

強がって自問して叫んでみたって
それもまた ただのイイワケ

言いたいけど言えない
言いたいけど言えない
何かを恐れて 何かを守って
ああ もう全部が面倒だ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR