FC2ブログ

2014-05-20

楽曲紹介コーナー 第1弾!「Candle Night」

突然ですが、楽曲紹介コーーーナーーーー!!

あっ唐突にすみません。笑 いきなり何かって?
ぐだぐだつぶやきの単調な記事にネタを増やしたいと思ったり、みなさんに少しでも私のライブを楽しんでもらいたいと思ったりで、
何かいい案はないかと考えた結果、私のオリジナル楽曲を不定期で紹介するコーナーを作ろうと思いつきました!
曲の歌詞とかエピソードとかを紹介することで、その曲を知ってる人にも知らない人でも、今後ライブなどでその曲にちょっとでも親しんでもらえればと思いまして、誰に頼まれたわけでもありませんが勝手にそうゆうコーナーをはじめちゃいますよ! 


では早速、記念すべき第一弾の楽曲は、
私のライブを何度か見てくださってる方は結構おなじみかもしれませんが

「Candle Night 」

です!

この曲は、私が自分で作った曲では初めてちゃんと人前で披露したもので、自身の初オリジナル曲といえます。初めてライブでやったのが去年の2月で、その日は初めてライブでピアノ弾き語りを披露したこともあり、もう緊張で声も指もぶるぶるでそれはそれはひどい出来でした。笑 

でも、その日観に来てくれていた何人かの友達が「あのオリジナル曲めっちゃ好きー!」といってくれたり、たまたま観てくださってた初対面のお客さんが「めっちゃよかったです!twitterフォローします!(私はtwitterやってません。笑)」っていってくれたりと、意外にも好評価をいただけて、まだまだであったながらにも、やったー!と思ったのを覚えてます。

実はこの曲ができた経緯には色々な紆余曲折がありまして、
まずボーカルスクールの先生に、「そろそろオリジナル作れば?」と常々言われており、
なんとなくの本当に適当なピアノの伴奏付きの(当時コードもまだよくわかってない)曲を持っていったのですが、その曲は歌詞も今とは全く別の、しかもアップテンポのもので、どんなんだったか私もよくは覚えてないのですが、まあなんとなく歌謡曲チックな古くさいメロと歌詞のものだったと思います。

ただ、それをもってったら先生に「コードがなんか違うんだよね〜」「これで作って来て」
と、ピアノのコードをほぼ全部変えられてしまいました。もはや原型は残ってないくらいに。笑
そうして先生が弾いてくださったピアノ伴奏を録音して、ひたすらそれを聴きながらまた新たに一からメロと歌詞をつけ直しまして、今のこの曲の原型ができたのです。
そのあとも構成とかピアノのアレンジとか、最初の曲なので先生にじっくりたっぷり直していただきまして、ピアノ弾き語りもそれをきっかけに練習して、なんとか、オリジナル曲といっていいのかどうか分からないレベルのものが完成しました。

それは私にとって記念すべき初めての自分の曲だったので、今では思い入れもある大事な曲の1つなのですが、当時は披露すると賛否両論な部分もあり、結構傷ついたり自信をなくすことも多くて。
「歌詞が古くさくきこえる」
「もっとキャッチーで覚えやすくて分かりやすい方がいい」
「ピアノがんばろうね」(これは今も課題です。笑)
とか色々なアドバイスもいただけまして、
ただその逆に「独特の世界観」「歌詞が素敵」「サティらしいね!」などと言ってくださる方がいたりして、
初めての曲でしたが、本当に色々な方に聴いていただいて、色々な意見をいただけて、人の意見ってホント様々なんだなって、この曲を通して改めて感じられたりもしました。

上でいっていただいたアドバイスは私自身すごく納得できたし、私もそれについてしばらく悩んでいたのですが、「そうきこえるのか〜」と未熟な部分を改善しようと思えたり、「それも自分の個性なのかも」とちょっと開き直ってもみたり、
色々な意見をきいてそれを一通り受け止めた上で、
結局は、私はこの曲がすごく好きで、気に入っています。

そんなこんなで、「Candle Night」という曲は生まれ、みなさんに育てられ、ありがたいことに色々な人に気に入っていただいたりもしている次第でございます。

好みもあると思いますが、ぜひ今後ともこの曲をどうぞよろしくお願いいたしますね^^



「Candle Night」
作詞 / 作曲 神楽サティ

派手に身を包んだ人ごみを 映し出すイルミネーション
ため息でくもるショーウィンドウ 通り過ぎる街角で
洒落たグラスに灯りをのせて 浮かぶレッドの向こうに
愛を語り合うささやきと 過ぎ行く時酔いしれる

瞳うるおす Candle 心から浸ってく夢の中へ
街にゆらめくCandle ささやかに恋人たちへ Sing a song


泣いた女は仮面をつけて 夜の闇へ消えてゆく
また一つ散った思い出が重なり合う街角で 
頬を染めてく風に誘われて 月の光揺らめくの
あなたを忘れてく時間に 寂しく響くメロディライン

瞳うるおす Candle 心から浸ってく夢の中へ
恋に揺らめく Candle 思い出を灯してゆくよ To the night


移り行く景色に 着飾って過ごす日々
薄明かりの中を歩む道 夜明けに続いてく


瞳うるおす Candle 心から浸ってく夢の中へ
街にゆらめくCandle ささやかに恋人たちへ Sing a song

恋に揺らめく Candle night…
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR