FC2ブログ

2015-07-16

7/11 渋谷 LOOP annex バンド自主企画 レポ

ご報告が送れましたが、先日11日に無事、バンドでの自主企画を終えることができました。

たくさんのお客さんに来て頂くことができ、満員御礼の会場。嬉しかったのは、私が呼んで来てくれたお客さんだけじゃなく、他のバンドのお客さんもたくさん来てくれて、しかもお目当てのバンド以外のバンドもすごくよかった!と言ってくれたこと。やっぱり自分が企画するとなると、自分自身がお客さんを出来る限り呼んでその人達に楽しんでもらうってゆうのは、まず当然の目標なんだけど、それだけでただの自己満足のようなイベントにはしたくなかった。だから、他のバンドを目当てで来てくれたお客さんがお目当てのバンドを楽しんで、しかもそれ以外のバンドにも興味を持ってくれて、それを観て楽しんでくれたというのは、何かのイベントの企画者としてこんなに嬉しいことはないかもしれない。

今回の企画は、正直そこに至るまでに色々あって、前回の初企画よりも抱えていた問題がたくさんあった。実は最初に企画をやると決まった時に予定していたのは3マン企画で、出演候補のバンドもある程度決まっていたのですが、それが色々な事情でできなくなってしまい、4〜5バンドでの対バンってことに変更し、そこで一度全く0の状態に戻ってから出演してもらうバンドを探すことになった。そこでも結構苦労しまして、なんとか出て頂くバンドは決まりましたが、それぞれ結構ジャンルもバラバラで面識の度合いもバラバラだったので、この企画のコンセプトは何なのか、何を軸にした企画なのかってゆうのも悩みどころでした。

そしてフタを開けてみれば、本当にそれぞれのバンド、全然ジャンルがかぶっていなくって、ある意味バラバラだったんだけど、私自身が「みんなにすすめたい」と思った、それだけのクオリティのバンドがそろっていた。

どろんどろんさんは、歌がある曲もあればインストの曲もあって、ピアノボーカルというのも特徴的。変拍子が多くて、ポップスや歌モノが多かったこの企画に、異彩な存在感を放ってくれた。

東京プラヰマリーさんは、池田さんの楽曲の生み出すポジティブな面やさわやかさが、しっかりした声・ボーカルと豪華な編成で表現されていて、観ていてすごく楽しくて明るい気持ちにさせてくれた。

ツキミタイヨウさんは、特徴的なユーモア溢れる楽曲を、圧倒的な演奏、ステージングで魅せてくれた。真面目な曲も楽しい曲もあって、振り幅もすごいし、盛り上げながらも企画者への配慮も忘れず、ベテランの貫禄を感じた。

それぞれ40分間ずつ、とてもボリューミーな内容で、各バンドの演奏を自分自身とても楽しんでおりました。3組観終わってみて、「やっぱりこのバンドさんに出てもらってよかった」ってことを強く思った。ジャンルがこんなにバラバラでも、それぞれ40分間与えられて、それぞれがそれぞれの世界に染めるだけの実力を持ったバンドだったからこそ、全体を通してみても面白く観れたんだと思う。

私は、アコースティックでカバー3曲、オープニングアクトを務め、最後にはバンドで演奏。こんなにしゃしゃり出て大丈夫かとも思ったけど、結果的に私がOAをやったことで企画の一貫性にも繋がってたという意見も頂いたし、何より自分のお客さんを最初から呼びやすかったので、自分のお客さんに他のバンドも観てもらえたと思う。

どちらも楽しかった。カバーをハンドマイクで歌ってライブするのはものすごく久しぶりだったけど、ものすごくのびのび歌えました。バンドはそれまでの他のバンドさんが繋いでくれたバトンを受け取って、とてもテンション高く楽しくできた。後でお客さんから「なんか男前でした」って言われたし。笑 ツキミさんを観ててテンションがマックスになったので、そうなってしまったかと思われます。とにかく楽しかったです。笑

出演バンドのみなさま、素晴らしい演奏を、本当にありがとうございました。
サポートのみなさん、ここまでのアレンジや練習に付き合って下さり、本当にありがとうございました。
渋谷 LOOP annexの五十嵐さん、これまでたくさん相談に乗って下さり、本番もアドバイスをくださり、本当にありがとうございました。
時間を割いて観に来て下さったお客さま、応援のメッセージをくださったみなさま、企画に関わって下さって、本当にありがとうございました。

写真はここには載せられない(載せ方が分からない)のですが、旅人CafeのHIROSHIさんに写真撮影を依頼したら、素晴らしいお写真をたくさん撮って頂きましたので、facebookやtwitterにたくさんのせました。急なお願いだったにも関わらず、HIROSHIさんも本当にありがとうございました。


なんだか、ほっとしています。良くも悪くも、これで一歩階段をのぼれたと思うので。いや、結果としても大成功でしたでしょう!
企画が予定通りいかなくなったとき(3マンが無理になった時)には、一度企画の計画自体をやめようかとも本気で思ったのですが、やめなくてよかった。
結果的に色んな出会いやつながりが生まれて、まさに音の「LOOP」が出来たのではと思います。(実は企画のタイトルが「音LOOPフェスティバル」です。笑)

本当に楽しくて、自分にとっては大きな経験となりました。
反省点も自分の中で色々とあるので、それもふまえて次につなげて行きたいです。

改めて、関わって下さったみなさま、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR