FC2ブログ

2014-10-22

楽曲紹介コーナー 第8弾「ハイウェイ」

今日まで奇跡の4連休だったのだけど、
1日目 約4年間お世話になったボーカルスクールの退校手続き。
2日目 生まれてから住んでいた実家を出ることになり、新しい物件探し。新居確定。
3日目 制作中のミニアルバム、レコーディング・マスタリング全作業終了。
4日目 ライブでサポートをして下さる予定の方々と初の打ち合わせ。今後の方向性固まる。

てな感じで、ものすごく濃ゆい4連休、ある意味とても有効に使えたと思います。
それぞれ私の人生にとっては大きなターニングポイントになることなので、また後ほどここに書こうとも思いますが、こんな感じで私の中で今何かが終わったり、何かが始まったり、色々な節目を迎えようとしています。

そこで、つい先日の屋根裏さんのライブで最初に歌った曲が、ちょうど今の自分の心境と結構リンクしていて、自分で書いたものだけど今の自分を勇気づける曲にもなっていたので、このタイミングで楽曲紹介してみようかと。


タイトルは
「ハイウェイ」です。


これは一人旅をテーマにして今年書いた曲で、人生を長い道程にたとえている、いわば人生の応援歌的なイメージで書いた曲。
この中では、私が想像する範囲での「旅立つときの気持ち」を歌っていて、

慣れ親しんだ故郷を離れ、新しい何かに向かっていくことに不安や期待もあると思うけど、そうゆうものを全部のせて新しい世界に希望をもっていこう、といったことだったり、

古い自分を脱ぎ捨てた時の自由の感覚や開放感だったり、

旅の途中どんなことがあっても、神様はずっと見ているし、困った時は一人で背負い込まなくてもいいんだ、というメッセージだったり、


とくに一人旅をしたこともない作者が、かなり偉そうに書いています(笑)
しかし、今実際に新しい帰路にさしかかっている自分の身になってみると、結構沁みる言葉が多かったりします。単なる自画自賛ですがね。
とにかく、「一人旅はいいもんだ」ということをこの曲で伝えたかったのですが、少なくとも今の自分はこの曲における過去の自分からのエールを受けて、なんか頑張ろう、と思えてます。


ホント、何もない旅なんて逆にドラマがなくてつまらないわけで、道程の途中には平坦ではない色々なものに阻まれたり、つまづいたり、そこからもがいて這い上がって、やっと小さな幸せに出会えたりってことが、旅する者の宿命だと思うのです。(また偉そうですいません。)だから、旅の中で山あり谷あり色々な障害物に出くわすことがあっても、それは長い長いハイウェイのほんの通過点にすぎないわけで、そうゆう視点で長い目で人生をとらえられたらよいと思っています。
私自身も、本当に耐えられない!と思ったような出来事も人生で何度か経験してますが、過ぎ去ってみればもう過去のこととして、「あの出来事も今思うと自分を成長させてくれたな」とか思えています。

また「将来こんな風になりたい」と思っていた姿と今の目指しているものは違うかもしれないけど、それは長いハイウェイを走って来た自分だからこその選択でもあって、自分の性質や環境なんかを知った上で「やっぱりこうゆうふうになりたい」と、当初の予定とは目的地が変わることだってある。でもそれは決して悪いことじゃなくて、一つのことにとらわれすぎるんじゃなく、あくまで長い人生をより自分らしく充実して過ごしていくために何を目指すのか、というのを日々考えることが大事だと思うのです。だから、一つの目標を変えずに追い求めることも素晴らしいけれど、せっかく長い道程を走って来て、色々なことを知って色々なものを身につけて来たなら、それによって考え方や目的を少しずつ変えていくのも悪いことではないし、人生を楽しむ上では必要なのかな、と思っています。

たかが20代そこそこの小娘が人生を語ったところで、その説得力はたかが知れていますので、今日はこの辺で。
私も自分の新しい旅立ちに、色々な恐れや不安もありますが、前向きに希望をもって走り出そうと思います。




ハイウェイ
作詞 / 作曲 神楽サティ

何にも分からなくていいんじゃない 
何にも持たなくてもいいんじゃない
旅立ちの準備はもうできてる

ぐんぐん追い越してく人影 
だんだん変わってく街並
不安な気持ちだって 楽しんでこう

小さくなりゆく故郷に手を振り
地平線を超えて 風の吹いたその先へ

ハイウェイ まだまだ 遠く果てなく続いてくこの道
ハイウェイ しがらみを抜け出したならば もう振り返らない

冴えない天気が続いても
ぬかるむ地面が邪魔しても
太陽はいつだって見守ってる

流れ流されて疲れきったなら
時には地図を広げ ヒッチハイクもいいでしょう

ハイウェイ いつだって過去から未来へひたすら進むよ
ハイウェイ そのままで 過ぎ去った日々は風に感じれば Alright

流れる夢のカケラ 追いかけて
僕らは同じ空の下 Lonely drive
心の窓 開け放って
大きく吸い込んだら 走り出せ

ハイウェイ まだまだ 遠く果てなく続いてくこの道
ハイウェイ しがらみを抜け出したならば もう振り返らない
遥かなるマイウェイ

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR