FC2ブログ

2015-06-09

リスクなくして、大成もなし。


突然だけど、やってきた流れに身を任せられることって、一つの勇気でもあると思う。

自分には合わなそうなことだったり、今までやったことがなかったり、リスクがあることだったり、面倒なことだったり、
そうゆう誘いを受けたときや、チャンスが巡って来たときに、好奇心をもって「やってみます!」といえるかどうか。こうゆう選択の瞬間は、実は色んな場面で何度もやってきてるはずだけど、この小さな一つ一つの決断で、その人の運命ってどんどん変わって行くと思う。

自分に合うか合わないかってことは大事だけど、それだけで自分の行動の範囲を制限している人は、たぶん「その程度の人」といったら悪い言い方だけど、平凡にいわゆる普通の人で人生を終えるんだろう。
逆にチャレンジ精神が旺盛な人は、超貧乏になるか、超金持ちになるか。もしくはその2つを体験するんじゃないか。リスクを冒すってそうゆうことなんだろうな。

「私はそうゆうのやらないから」「キャラじゃないから」ってゆうのは、チャンスを遮断して、可能性をその程度の次元にとどまらせてることなんじゃないかな。

どっちかってゆうと、私は今までリスクを恐れて安定をとる方だったと思う。ノリが良い方ではないし、興味の無いこと恐いことにはあんまり関わらないようにしてきた。
だけど、最近なんとなく分かって来たのは、一定の趣味で選んで同じようなことをし続けても、そこから大きく変わることはない。

最近なんだか面白い機会が増えて来たし、面白い人に出会うようになった。ちょっとずつ、面白い世界が見えるようになってきた。

そこで怖がってるよりも、「とりあえず挑戦してみる」ってことはこんなにも楽しくて、少しやってみるだけで、そこから予想もしなかったような世界が、こんなにも開けて来たりする。
今まで自分が何かを守って踏み出さなかったことで、知らないうちに、待っていた色んなチャンスを見逃してたのかもしれない。

また特に窮地に陥っている「ピンチ」な状況の時こそ、それをまだ見ぬ世界へのチャレンジの機会だと楽しめる人は、きっとそれを絶好の「チャンス」に変えられる人だと思う。
今ビッグになってる人は、きっと一度は大きなリスクをおかして、大きな決断をして、行動したことがある人だと思う。どんな才能があったって、その一つの決断をしていなかったら、普通の人に収まってたかもしれない。

そして逆の立場からしても、ノリがいい人と悪い人がいたら、必然的にノリがいい人に良い話をしてあげたいと思うし、ノリがいい人の近くにはノリがいい人が集まってくる。ノリがいい人に仕事をお任せしたいし、ノリがいい人と何か一緒にやってみたい。
何気ない一つの選択や受け答えで、周りの環境もそのあとの運命も、どんどん変わってきてしまう。


ここ最近、そんなことを実感しています。

ちょっと不安に思っても、まずは考えすぎないでやってみるようにしよう。
少しの勇気の違いで、何もかも変えられる気がする。
スポンサーサイト



プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR