FC2ブログ

2014-12-28

Youtubeアップ&ライブ出演情報 更新

こんばんは、クリスマスも終わって、いよいよ年の瀬ですね。毎年この時期ってなんかついつい自分を振り返ったり、来年のことを考えているのですが、ざっくばらん今年を振り返ると、自分の中でちゃんと音楽活動をやり始めたってゆうのは、この一年だったんじゃないかなって思います。初めてライブハウスのブッキングに出たのは去年の11月だったけれど、本格的にライブハウスで毎月やり始めたのは今年の1月からで、そこからやっと一年経ってみて、色々な課題が浮かび上がってはそれを改善しようとしてみたり、(その過程で改名もしたし)そしてまた今も新たな課題が色々出て来たり。

ゼロから1(イチ)への変化かもしれないけど、この1年、何も分からないところから色々な経験を自分からしてみて、失敗も成功もたくさん味わえたと思います。そして来年はこの1の状態を、2にも3にもするために、今の課題をしっかり見つめておくことが大事だなって思い、私はどうなりたいかってのを頭が煮えそうなくらい毎日考えております。笑 そんなこともまたよきタイミングでブログでも書けたらと思ってます。

そして、来年の最初にまっている私の大事なイベントがアルバム発売とレコ発企画ライブですが、いよいよ残すところ20日あまりになってきました。そんなタイミングで、一足お先にアルバムのうちの2曲をYoutubeで公開しております!


Paint it unique(歌詞付)
https://www.youtube.com/watch?v=oJCPMhe7vP8
今回のミニアルバムの表題曲、いわゆる推し曲というやつです。色鮮やかでキャッチーに、ということを意識したロックチューン。


ラブゲーム(歌詞付)
https://www.youtube.com/watch?v=ou0c97qn9kY
アルバムの中で個人的には一番気に入ってる曲。どろどろな恋愛を描いた、ひねくれラブソング。


PAINT IT UNIQUE(ミニアルバム)ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=PqPpXT-gke4&list=UU0BspUFLUJwN5NmOoFeqP4w


ダイジェストと合わせて、ぜひご視聴くださいませ。

また企画ライブだけではなく、他のライブも色々決まっております!1月はレコ発企画の前に2つライブが入っております。17日ばかり宣伝してますが、こちらも楽しいイベントですので、ご都合よろしければぜひぜひいらして下さい!1月は新たに新曲をもっていきます。レコ発の日はアルバムの曲メインになるため、それ以外の新しい曲がしっかり聴ける機会でもあります。歌い始めは7日の渋谷 wasted timeさんで、10日は屋根裏さんのまた素敵な対バンさんのイベントになります。そしてもちろん、17日は必須ですよ!笑

現時点の出演予定をずらりと載せておきます!ぜひチェックして下さい^^
ご予約は HPのチケット予約ページ、または saty3310@gmail.comまで。
よろしくお願いいたします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月7日(水)
才女覚醒
場所 渋谷 Wasted Time
時間  開場 /18:30 開演 /19:30
チケット 前売り 2500yen 当日3000yen(1オーダー込み)
<出演>
神楽サティ / KAZUKAN / 岡部遙

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月13日(火)
Love&Acoustic
場所 下北沢屋根裏
時間 開場 /18:00 開演 /18:30
チケット 前売り1500yen 当日 1800yen
<出演>
松下直樹 / 鈴音 / 神楽サティ / はらぺこ /
黒木翔太 / しまだあすか(茨城)/ 鹿谷弥生

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月17日(土)
神楽サティ ミニアルバム発売記念 企画~PAINT IT UNIQUE~
場所 下北沢LOFT
時間 開場 18:00 開演 18:30
チケット 2000yen(1ドリンク込み、前売り当日も同じ)
<出演>
まいこ / 野口大志 / 赤木勇司 / 神楽サティ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月4日(水)
場所 恵比寿天窓.switch
詳細未定。

ーーーーーーーーーーーー

2月18日(水)
サーチライト
場所 明治神宮前 ひまわり広場で手をつなごう
時間 開場 18:45 開演 19:00
チケット 前売り 2300yen 当日 2800yen(1ドリンク別)
<出演>
神楽サティ / AKIKO / ビリビリ焼きそば and more

ーーーーーーーーーーーーー

2月24日(火)
場所 赤坂グラフィティ
詳細未定。

ーーーーーーーーーーーーー

3月3日(火)
場所 下北沢 mona records
graymarinaさんの企画ライブ。詳細未定。

ーーーーーーーーーーーーー

3月25日(水)
場所 渋谷 LOOP annex
詳細未定。

ーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト



2014-12-27

下北沢LOFT 忘年会

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日いつもお世話になっていて1月の企画でもお世話になる「下北沢LOFT」というライブハウスさんで、忘年会があるということで私も行ってまいりました。普段出演してる歌い手さんも見に来ているお客さんも来ていたのですが、もうホント楽しくって。忘年会のお誘いが来た時は「おっ!空いてるから行きますー!」って感じのノリだったのですが、期待していた以上にLOFTさんの長い歴史の奥深さや店長さんの素晴らしさを深く感じることができて、本当にこの日伺ったのは自分にとってすごく意味のあることだったなって思ってます。

この日はお店のはからいでポップコーンやお菓子や店長さんお手製のお料理が食べ放題で、豪華景品を争うビンゴ大会があったり、出演者が一曲ずつ歌うってゆう紅白歌合戦があったりと、色々な企画があったのですが、歌合戦ではくじ引きでいきなりまさかの私の名前が引き当てられ、流れとかもないまま、いきなりみんなの前で歌うことに(笑)しかもその日、風邪ひき真っ只中でかろうじて咳が止まった段階という感じで2・3日全く歌っていなかった中、いきなり人前で歌うという酷な自体になりましたが(笑)みなさんの暖かい空気の中なんとか1曲歌いきり、ちゃっかり17日の企画のことも告知させて頂いちゃいました。最初に出番終わったので、あとは何も考えず楽しく鑑賞できまして、LOFTに出てる方々の色んな歌が聴けて面白かったな〜 特に長沢店長さんご自身の貴重な歌とギター演奏も初めてお聴きできまして、すごく心暖まり、沁みました。やっぱりLOFTさんというお店の雰囲気なのか、出演されてる方も見て下さってる方も暖かい雰囲気の方が多くて、すごく素敵だったな。

ビンゴゲームも長沢さんの息子さん(小学4年生)がひいたものを読み上げてたのですが、その姿がかなり微笑ましく終始和やかムード。奥様と息子さんも来ていらっしゃって、なんかLOFTというお店を含め、そこに来ていたみんなが家族みたいに親しげでアットホームな感じだったのが、本当にいい雰囲気で。私はまだ出始めて一年目だし、長年のLOFTの歴史や長年出られている常連の方々からすれば新参者でしたが、年齢も出演歴も関係なく、本当に音楽が好きで、長沢さんが好きで、LOFTというお店が大好きな人たちが集まってるんだな~という感じで自然と仲間に入ることができ、本当に素敵な空間でした。

そしてその後LOFTの時代ごとの写真をスクリーンに映し出しながら、長沢さん自らの解説でLOFTの歴史を振り返る、というコーナーがあり、これがもうすごかったんです。長い歴史の中で出演されている方々のラインナップが、中島みゆきさん、忌野清志郎さん、Charさん、タモリさん、山下達郎さん、ゴダイゴさん、サザンオールスターズさん、YUIさん(flower flower)、miwaさんなど、第一線で活躍されている方ばかりで、それを写真とともにさらさらとエピソードを語っていく長沢さんがホント圧巻でして。
ほんの一部だけ紹介すると、タモリさんの「イグアナ」が初披露された場所がロフトだったことや、Charさんがロフトの最多動員記録(たしか186人くらい)をもっていて、その時はカウンターの上にも人がのぼってたくらい溢れてたということとか、ミスチルの桜井さんがロフトによく飲みに来ていたとか、サザンは毛ガニさんと大森さん(前ギター)がロフトでバイトしていて、そこでよく出演していた桑田さん達と出会ってメンバーに加入して、よくライブをしたり飲んだりしていたこととか(そして忙しいときは桑田さん達もコーヒーを運んでいたというw)、YUIさんは路上からメジャーデビューしてもうすでにスターだったのに、「ライブハウスでライブしてみたい」と長沢さんに直接いいに来て、毎月長沢さんが適当につけた違う名前でノルマを払って出演していたということや(ちなみに一度だけ外部にバレて200人くらい人が押し寄せて、みんな帰ってもらったとか)、miwaさんは初ライブがロフトで、その後ロフトでライブを重ねている姿を関係者の人が見に来て「デビューしよう」ということになったという話だとか、、、

もうなんかすごすぎます。笑

こんな歴史があって、すごい一流の方々を輩出して来たロフトさんというのは本当にすごい場所なんだな、と改めて思ったし、そのロフトさんを長年守ってきてそういったミュージシャンの方々を間近で見て来た長沢さんというのは、きっとすごい力を持っている方なんだと感じました。本当に温厚で少しおちゃめな感じの方ですが、一流の方々と接してきたり、こんなに素敵な人々に愛されているというのは、長沢さんのお人柄が引き寄せているのでしょうし、またそれを全くひけらかしたり自慢したりといった感じがないのが長沢さんのすごいところでもあり、ロフトさんはミュージシャンからすると、変な言い方ですがパワースポットみたいなものにも思えます。そしてもはや長沢さんは仙人みたいに見えてきました。笑 ロフトさんに行くと何かご利益がありそうな気がします。

そして嬉しいことに、今度私がレコ発企画ライブをさせていただくというので、長沢さんが紹介VTRを作って下さっていて、お店のスクリーンに毎日流して下さっているというのです!実際にみせて頂きましたが、私のYoutubeを加工して流して下さっていて、なんだかそれだけでも感動でした。しかも一緒に流して下さってるのが私にロフトを紹介して下さった方でもあるロフト常連のタクイチさんの紹介や、ロフト出身のYUIさん率いるflower flowerさんのライブ映像やmiwaさんのPVなど、こんな恐れ多いメンツの中で流して頂いていいものか。笑 あとなぜか分からないですが、レディ・ガガさんの映像も流れてて、まさかガガ様もロフトと繋がりがあるんでしょうか。笑 とにかく光栄だし嬉しい限りでした。

そんなこんな、こんな素晴らしい長沢店長さんのいらっしゃる、下北沢ロフトさんにて、私は記念すべきレコ発企画をさせて頂きます。忘年会に参加してみて、企画の開催場所をロフトさんにさせて頂いたのは、本当に正解だったと改めて思いました。数々の素晴らしい方々が立たれて来たステージで歌わせて頂けるのを誇りに思います。みなさまぜひ1月17日遊びにきてください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『神楽サティ ミニアルバム発売記念 ~PAINT IT UNIQUE~』
日程:1月17日(土)
場所:下北沢LOFT
開場 18:00 開演 18:30
チケット料金 2000円(1ドリンク代込み)

<出演>
まいこ / 野口大志 / 赤木勇司 / 神楽サティ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014-12-17

創作意欲

日をまたいじゃいましたが、今日2回目の更新。絶好調!
今日まで夜勤明けを入れて3日くらい休みがあって、何をして過ごそうかと考えてたんですけど、結果的に実によい使い方をできたと思います。
作成中のCDのやり取りだったり、バンド関連の資料を作ってやり取りしたり、ホームページやyoutubeやブログを直したり更新したり、新しいライブハウスさんと連絡とったり、他諸々、

最初の2日間は、主に自分の活動のPRや今後の活動のために必要な雑務的なことなど、自分の外とつながるためのことをたくさんやっていて。
なんかそれを着々とこなしていく、という作業をしていると、「あれ、私って何者なんだろう?」という気分になってきたんですよね。

今まではそうゆうPR的なことをすごく疎かにしていたから、今こうゆうことをはじめて、協力して下さってるたくさんの人とやりとりをすることが楽しいし、「私、なんかできる人っぽいじゃん」とか変な優越感に浸ったりもしてたんです。(笑) でも、なんかそうゆう外に向けたPRとか事務的な作業をたくさんしていくうちに、そんな売り込みの対象となってる自分って、果たしてそんな価値があるのかって、より考えるようになったんです。

なんというか、PRするにしても、音源を作ったりバンドの練習をしたりするにしても、ライブに出ていくにしても、私という存在がもっといいものにならなきゃいけないし、中身が豊かになってかないとしょうがないって、余計に感じるようになって。
つまりは、もっと色んなものを学んで吸収していって、もっとどんどん曲を書いて、もっとよいライブができて、自分自身が宣伝するに値するようなものにならなくてはいけないということです。

だから今日一日は、自分の外側よりも、自分の内側と深く向き合ってみよう、と思って行動してました。
そんなこんな、バンド練習が事情で中止になったので、スタジオで個人練習をして。久々に3時間みっちり1人でスタジオに入って、普段はピアノを触るのは自宅が多いので、私は意識が散漫でなかなか集中できないんですけど、スタジオに入るとピアノしかないから、強制的にそれと向き合うことになるんですよね。だから今日はここで曲をたくさん書いてやるー!ってな意気込みだったわけですが、なかなかそうもいかず。笑 最近作ってた曲がだいたいまとめられたのと、既存曲の練習と、色んなフレーズとか細々したものを色々増やしてった感じでした。構想してる曲が何個かたまってて、それを一気にやっつけたかったんですが、なかなか進みませんでしたね〜

私、このブログの更新もそうなんですけど、なんかアイディアが浮かんでもそれを一気に形にしたり、すぐに形にしたりできなくて、だいたいそれを一度放置してしまうんですよ。関連するネタとかを集めつつもそれをぱぱっと形にするのが苦手で、それはよく言えば「煮詰めてる」ってゆうことにもなるかもしれないけど、本当にそうなのかも分からず、ただただ先伸ばしにしてるような気もしてて。

だけど、今日は「よしやるぞー!!」ってゆう意気込みは十分だったのに、なかなか進まなかったので、「あ、私はやっぱりこうゆう体質なのか」って安心した部分もあって。笑 やっぱり忘れたり思い出したりしながら、日頃の生活の中でアイデアを転がしてからしか、創作にとりかかれないタイプなんだと思いました。ただ一気にがーっと詰めていくみたいなこともしなきゃいけないだろうし、ぽんぽん曲を作れる人に憧れても居ます。これからは「作るスピードを早くする」というよりも、もっと効率的になるように「曲について頭で考えてる時間を長くする」ということを意識してこうと思います。そうゆうことが生活の一部みたいに自然にできるようになれば、アイデアを集められるチャンスも増えるだろうし、おのずと曲を作るスピードも早くなってくと思うのです。

仮にも私は創作する人なんだってゆうのを、この3日間で思い出したのです。笑
だから、3日間のうちで路上ライブしようかとも思っていましたが、今は自己アピールよりも自己を深めることに比重を置こうと思って、路上ライブはお休みしました。またいつやるか分かりませんが、とりあえずそうゆう期間も必要だな、と。自分の内側がそうゆう時間そほしがってたんだと思います。
だから、いいものを観たりして何かを感じたり、それを自分の中の肥やしにして、自分が何かを生み出せるようになりたいので、ちょっとこれからはインプットアウトプットをたくさんして、自分という人間の質を高めていきたいと思ってます。


そんなこんな、実はこの創作意欲は音楽だけにとどまらず、
実にお恥ずかしい話なのですが、最近お料理にはまっております。笑
いや、この恥ずかしいというのは、まだ料理というのもおこがましいくらい次元の低いものだからです。

とりあえず、お惣菜かったり、インスタントや冷凍のものを食べるのにちょっと飽きて来て、
フライパンとか調味料とかを買って、簡単なものから作ってみようとなって、目玉焼きから入ってったわけですが、これがなんか楽しくなって来てしまい、毎日家に帰ると何かしら作っては食べるというのが習慣になってきました。

昨日は初めてカレーライスを作りました。はい、お恥ずかしながら、自分一人で全部作ったのは生まれてはじめてです。初めてにしては、私の低レベルの舌からすれば全然問題なくおいしくできたと思います。初心者でもできる料理の定番ですよね。
でも、私昔からカレーを1人で作るのってちょっとした憧れだったんです。小中学校くらいから家庭科でみんなで作ったりはしたけど、1人で全部やってみようって思ったことはなくて。今回材料きって、焼いて、煮込んで、っていうのを1人でやって、身構えてたのが嘘みたいに意外と簡単だったし、食べてみたら普通においしかったので、なんかすごい達成感があって。

自分で作るって楽しい!!そして自分でつくると細部まで味わって、ありがたみが分かる!!

ってゆうのが、料理ビギナーになってみて得た教訓です。
これは音楽にも色んなことにも応用できることだと思います。

そしてもう一つ料理をやってみて気づいたのが、
当たり前だけど、何かを作るには、まずそれに必要な道具と材料をそろえなきゃならない
ってこと。

これも音楽とか曲作りで考えてみたら、まずこんな曲を作ろう!ってなったら、それがなかなかできないなーとか進まないなーってゆう場合があると思うけど、それはその曲に必要な材料やエッセンスがそろってない状態なんじゃないかと。

目玉焼きを作るには、フライパンと卵と、おいしくするために塩こしょうなんかがいるし、引き立てるために野菜とハムもあったらいい。
カレーを作るためには、鍋とおたま、肉と野菜とカレールーと、おいしく食べるためのご飯や器もほしい。

または、スーパーにいってみて「今日のおかずは何にしようか」とか「今日の旬のものとかお得なものは何かな」とか見て回ってから作るものを決めるパターンもあるだろう。

私はコンセプトを決めてから、それを形成するために必要なものを考えてくことが多かったけど、
ピアノを弾いてていいフレーズが思いついたら、それを使って曲を作りたくなることもある。そうゆう作り方もありだし、両方できる人の方がバリエーション豊かで色んな曲を作れる人なんだろう。私はまだ料理も曲も、作りたいものを先に決めて、その作り方や説明書をみて必要なものをそろえてくる作業に時間がかかるのだけど、
もっと色んな技術を覚えたら、日頃の生活の中で鼻歌を歌ったり、言葉に出会ったりしたところから曲のインスピレーションが生まれてくるのかもしれない。

そう考えると、料理っていうのもすごい奥が深くて楽しいって思ったし、
曲だって、もっともっと色んな作り方があるんだろうと思う。

「趣味は料理です」なんて言えたらかっこいいだろうな。
「いつでもどこでも、曲が作れます」なんて人になりたいな。

私は今、創作意欲に燃えている。

2014-12-16

Brian the Sun

どうもどうも、ここで勝手に紹介のコーナー! 
私が今個人的に一番おすすめしたい
「Brian the Sun」
というバンドを勝手に紹介したいと思います!
※ここでの記事はあくまで個人的な感想・意見ですので、表現が正しいかは分かりません。あしからず。

Brian the Sun 「神曲」(MV)
https://www.youtube.com/watch?v=xkGoHxln6C0&feature=youtu.be
Official Site
http://www.brianthesun.com


そもそもこのバンドを知ったのは、とある同年代のミュージシャン達が集うイベントが開催されてたとき、そこに出演してる人たちのリストをみて、出演者のページや音源を色々みていたんですよ。その一組がこのBrian the Sunだったわけですが、正直最初に聴いた時点ではそんなにハマりませんでした。最初は曲のPVをみたのですが、見た目が少し幼い印象だったのと、ボーカルの声と歌い方が少し鼻にかかる感じにきこえて、「へーこうゆうバンドも同年代にいるのか」くらいの印象でした。ただ、しばらくしてまた思い出したようにもう一度曲が聴きたくなって、PVを繰り返しみているうちに「ん?この曲なんかいい!」となってきて、最初は癖があると思っていたボーカルの歌も、すごく心地よく聴こえて来て、特徴的な歌い方やサウンドがいい意味でのクセになってしまい、他の曲も何回も聴くようになって、次第にバンドの虜になっていきました。

(ちなみに私は最初にレディーガガを聴いた時も「なんじゃこりゃ」って思ったのですが、やっぱり何度か聴いているうちにはまってしまったんですよね。こうゆうちょっとクセのあるものって、入りに抵抗があっても何回も聴いてみたくなる「中毒性」があるのかもしれませんね。)

全体的に曲のコード進行も結構独特で、それ自体バンドの色になってると思いますし、なおかつキャッチーで歌いたくなるようなメロディーがのっているのが、絶妙なバランスで。そして何と言っても、このバンドは「歌」をすごく大切にしているのがよく分かります。バンドの中でもサウンドや楽器に歌が埋もれてしまってるものがあると思うんですけど、このバンドはそれが全くなく、歌を引き立たせるためのサウンドになっていて、その調和がホントに美しくてかっこよい。正直サウンドや楽器のことは私はよく分かりませんが、それぞれの楽器も歌をしっかり引き立たせてるってゆうのが個人的にすごく好印象です。そしてそのボーカル、サウンドの調和が織りなすイメージが、どこか「青春」を思い起こさせるというか、なんか子供でもないけど大人にもなりきっていないような、どこか思春期的な生意気さだったり、せつなさを感じるんですよね。それは彼らの見た目の印象しかり、クセのあるボーカルしかり、ちょっとかっこつけたような一生懸命な演奏の感じ、しかり。笑 

ライブにも2回ぐらいですが行ってみたことがあって、曲はもちろんめっちゃ好きだし、バンドとしても7年目で場数を踏んでるからか、いろんなバリエーションの曲をいい流れで組み込んできて構成もいいし、そして大阪人というのもあってかMC中のメンバー間での掛け合いも面白くて、すごく楽しくて熱いライブでした。

(ちなみに私、自分が何フェチかを問われるとすれば、バンドマンフェチの次に挙げられるのが「関西人フェチ」でして、流暢な関西弁を話してる人をみるとなんだか羨ましいというか、すごい羨望の目で見てしまうんですよ。笑 自分が東京人だから方言って漠然と憧れるんですけど、中でも関西弁がツボで、バンドマンで関西人の人に会うと、それだけですごいポイントあがっちゃうんですよね。笑)

どうでもいい情報で脱線しましたが、とにかく彼らは音源もライブもすごくいいのです!
メンバー全員かは分かりませんが、少し調べるとボーカルの森くんはじめメンバーのほとんどが私と同じ学年のようで、なんか親近感湧きましたし、同い年だけどすごいかっこいい音楽やっていて、仮にも同じ音楽を志す人間として、彼らはすごくリスペクトできます。

そして今回12月に新しいアルバムをリリースしたということで、もちろん買ってみたわけですが。
これがもんのすっっごくよくって、本当にBrianが好きになりました!

前回のアルバムは、それまでの主要曲をつめこんだ感じで、「なるほどこうゆう音楽性のバンドなのね」ってゆうのがよく分かる感じになっているし、すごくキャッチーベストアルバムみたいな印象だったのですが、
今回はコンセプトアルバムって感じで、今までの彼らになかった引き出しを意識して作られたようで、「えええ Brianってこんなこともでるの!!」「おおお、ここでそう来たか!!」ってゆう感じで、一つずつ曲を聴いていて終始驚きっぱなしでした。彼らのよさや持ち味は壊れてないと思いますが、それがより発展して進化した感じで、なんか「青春ポップ」な印象から「大人な技巧派クールサウンド」になってきたような感じで、本当に進化したなって印象です。(なんか上から目線ですいません。)

正直、前まで気に入って聴いてたインディーズのバンドでも、メジャーレーベルにいくとその事務所の意向なのか、すごく音楽性が変わったり、リリースする曲もなんか「商品用」に作られた曲って感じの味気ないものになっちゃったり、メンバーの態度や印象ががらっと変わってしまったりするバンドも多くて、そうなると私の場合それまで応援してても自然と心が離れちゃったりして。でもそれはメジャーに行ったら自分たちの思い通りにできるわけではなく、そうした方が彼らのためにもいいってゆう面もあるのだろうから、一概に悪いとは言えないのだけど。

Brian the Sunというバンドは現在はメジャーレーベルに所属はしてないと思いますが、実力もあって今すごく注目されてきていますし、今後メジャーデビューすることもあるかもしれません。ただ勝手な印象ですが、なんか彼らには「自分たちの芯を曲げない」というような反骨精神みたいなものも感じられて、メジャーと契約することが幸せなことかは分からないし、彼らが望んでるのかも分からない。ただ仮にメジャーに行ったとしても、自分たちのよさを失わず、いい方向に発展していってほしいな、と思っています。

そんなこんな、私が今イチオシする注目のバンド「Brian the Sun」。
今後の展開や成長に期待してます。ぜひみなさんもチェックしてみて下さい!

2014-12-16

12.10 鈴ん小屋ライブ 鑑賞レポ

どうもこんにちは。先日ちょっと久々に人様のライブを見に行って来たので、その鑑賞レポートをしようかと。やーこちらがほんとによいライブだったのです。

そして今回から「勝手に紹介・レビュー」ってゆうブログの新たなカテゴリーを作りました。自分の好きなもの、気に入ったもの、なんか気になって紹介したくなったもの、いろいろ勝手に記事にしていきたいと思ってますので、そうゆうのを書くときはここに入れておこうと思います!

そんなこんな久々に見に行ったというのは、以前対バンさせていただいた阿部浩二さんが出てらっしゃる鈴ん小屋のブッキングライブ。阿部さんが先月開催されたレコ発のツーマンライブに声をかけて下さったのですが、その時は用事があって行けませんで、次こそはと予定をチェックしてこの10日の鈴ん小屋だけはと、見に行かせていただいたのです。全国をライブして回っている阿部さんなので、たくさん機会があっても東京でやられる予定は限られているので、今回見に行けたのも貴重でした。そして阿部さんはもちろん、この日のブッキングはかなり神がかってまして、圧倒的にすごい方々が出られていて、ものすごい勉強になったのです。この日はライブ終わった瞬間すごい衝撃で、ブログに書かずにはいられない衝動に襲われました。

まず阿部浩二さんは今年3つのレコ発をするという公約を見事に実行され、以前いただいたCDに入っている曲や今回発売されたCDに入ってる新しい曲を中心に歌われていました。ロックバンド系のライブハウスで初めて拝見したのとはやはり雰囲気も違って、阿部さんの中でも鈴ん小屋はワンマンをやられたりした会場だそうで、ホーム感というか、ライブがすごくしっくり来てる感じがありました。MCやステージ以外の場所では、にこにこして少しシャイな感じの印象ですが、歌を歌われるとまず歌詞の攻撃性というか、社会的なことや女性のことなど、隠し持っている阿部さんの歴史や信条みたいなものがすごく強烈に訴えかけてきます。そして、阿部さんの歌は私の勝手な印象ですが、メロディー先行というよりも、歌詞を伝える「語り」が音に乗せられているような印象で、その心地よさが、例えれば落語のような古典芸能的なものも連想させるようでした。社会風刺だったり日常の些細な場面だったりを、流暢に語りながらも、そこに心地よいリズムがあって、独特な歌というか、楽曲も阿部さんが歌うからこそ成り立つ曲であるようにも感じました。やっぱり素晴らしかったです。

そして次に歌われた江崎掌さん。初めて拝見しましたが、阿部さんがMCで「上京して来たときに江崎さんのライブを見て弾き語りをしようと思った」とおっしゃっており、阿部さんの弾き語りの原点となる方ならさぞかし素晴らしい方だろうと思って期待してました。まず歌いだしから体を大きく動かして全身を使って演奏し、声を出されているのが印象深く、曲からも自然や大地など壮大なスケールを感じられる部分が多く、かと思えば他の曲では繊細で弱くはかない表現で歌われるものもあり、弾き語りならではの表現や、はたまたある意味弾き語りを感じさせない壮大さを思わせる部分もあったりして、その振り幅がすごいと思いました。そして30歳とおっしゃっていましたが、MCでの語り口や歌を聴いていると、なんだかもっと上の年齢の方に見えるようで、今まで生きてこられた人生や信条みたいなものがすごく興味深く、人間的な奥深さというような魅力を感じました。

歌や演奏の迫力や楽曲もすごかったですが、江崎さんも人間的にすごく興味をそそるような、人をひきつけるような魅力をもった方だと思います。ライブが終わって阿部さんにご紹介頂き少しお話もさせていただけましたが、とても人当たりのよく真面目で熱いものを持った方だと思いました。やはり阿部さんが弾き語りを始める前からのお知り合いで、色々なアドバイスをくださった方だそうで、阿部さんにとっても江崎さんの存在がすごく大きかったようです。

江崎さんは奥様と東北のボランティアの活動もされていて、そしてそこにかける想いもとても熱かったです。ボランティアもただむやみに何も考えず赴くと、本当に望まれてではなく単に相手に気をつかわせてしまうケースがあるそうで、それを考えた上で自分たちができることをやらせてもらえる、というようなお話をもらったタイミングで、初めてボランティア活動を始められたそうです。なんだかそのお話もすごく興味深くて「相手のためを想って」よかれと思い行ったことが、かえって相手に負担になってしまうこともあるのか、というのを初めて知りましたし、本当に人のために何かをするというのは単なる情熱や熱意だけではなく、頭や理性で判断して「何がどのくらい必要とされているか」というのを考えた上で行動に映さなければと思いました。長くなりましたが、江崎さんというアーティストの方も本当に素晴らしかったです。

そしてこの日トリだったのが宮国英仁さんという方で、こんな凄い日のトリとは一体どんなアーティストの方だろうと一層高まる期待。前の阿部さんや江崎さんとは一転、ゆるくて面白い感じのMCからスタートして、演奏はまさに「芸」とか「パフォーマンス」といった感じで、色んな声やギターの響きを自在に操っていて、なおかつ曲はいい意味で肩の力を抜いたようなへんてこ(失礼。笑)なものが多く、キャラクターが際立っていて一気にひきつけられました。まさに道を究めているという意味での「芸人」だと思いました。沖縄出身の方だそうで、そのような陽気で民謡的な雰囲気も随所に感じられることができました。ライブ終了後にお話しさせて頂いたとき、なんだかちょっと人見知りな印象だったのが、ライブとのギャップがあってまたよかったです。笑 

今回出会えた歌い手のみなさまは本当にすばらしくて、なおかつ私が初めて出会うタイプの独特の個性をもたれている方々でした。そしてみなさんに共通しているのが、人を惹き付ける人間的な魅力を持った方であるということで、ライブというのはどんなに歌が上手くて演奏が上手くて曲が良くても、そのアーティストや歌い手に魅力を感じるということが、実は凄く重要な要素なのではないかと最近気づき始めましたが、今回はそれが確信に変わるようなライブでした。

私自身もライブをやって人前で歌うことをしている立場として、本当にたくさん勉強させて頂けました。私自身、今の自分の立ち位置や方向性を選んだのも、音楽と並行して人間としての魅力を高めながら生きていきたいと思ったからです。だから音楽というカテゴリーでみればすごく窮屈だったり回り道に思えたりもするけど、今回のライブを見て自分の選んだ道にも少し自信が持てたし、進みたい方向に対してさらにモチベーションも高まりました。
本当に素敵なライブでした。私もまたがんばろう。


さてさて、私の活動の方では新たなライブが追加決定しまして、
1月7日(水)に渋谷 wasted timeさんでのライブが決定しましたー!
まだ詳細は未定ですが、こちらが新年一発目になるので、気合いを入れてきます。
新曲もやる!(宣言)と思うので、よろしくお願いします!
ではではー!

2014-12-11

12.9 ひまわり広場で手をつなごう

おとといは「ひまわり広場で手をつなごう」というライブハウスさんにて、初出演ライブでございました。
お名前からして素敵なアットホームな雰囲気が漂ってますが、本当に素敵なライブハウスでした。いい意味で友達のお家にお邪魔しにきたみたいな、細部まで落ち着けるリビングを再現したような空間で、初めてお邪魔したのに入った瞬間に安らぎモードで、心も体もその空間に馴染んでしまいました。店長さんもお店のスタッフの方々もみなさん笑顔が素敵で、すごく優しい雰囲気が漂っていて、リハもライブもすごくリラックスした状態でやらせていただけて。お店の雰囲気もスタッフさん方の雰囲気も全部が調和していて、その影響からか出演者さんやお客さんたちもすごくほんわかとした雰囲気に包まれていたような気がします。

出番は1番目でしたが、他のアーティストさんのお客さんも見て下さる方が多くて、それも出演者さんやライブハウスさんの雰囲気というか、特徴の一つでもあると思っています。他のアーティストさんにも興味を持って下さるお客さんは、演者にとっては嬉しいお客さんです。(もちろんお目当ての方だけを見に来る方が悪いというわけではありません。)そしてそういったお客さまが多かったというのも、ひまわり広場さんが空間としてすごく居心地のよい場所で、音楽だけの目的じゃなくて、そこでおいしいものを食べたり、楽しく飲み物を飲んだり、アーティストやお客さんが交流し合ったりする時間を大切にしていて、そんな場所を提供しようとしてるからなんじゃないかな、と勝手ながら感じました。
あとで店長さんとお話した中でも、こちらのお客さまは「人が好きな人が多い」ということで、人と人との触れ合いみたいなものを楽しみにくるお客さまも少なくないんだとか。ホントにライブハウスによって、特徴がそれぞれだから面白いですね。

そして店長さんと最後にお話できた時には、すごく熱い想いをうかがうことができましたし、店長さんがこのライブハウスを作って続けていくにあたっての想いがすごく伝わってきまして、私もひまわり広場さんというライブハウスさんをすごく応援したくなりました。私のライブもすごく気に入って下さったようで、色々な相談にも乗って下さいましたし、新しいライブハウスということもあってか、全く上から目線でなくすごく対等な立場で接して下さり、「ライブハウスもアーティストさまと一緒に成長していきたい」というお言葉通り、本当に演者を尊重し、演者の成長を考えて下さってるというのが伝わってきました。

お客さんとしても演者としても、ぜひまた訪れたいと思ったライブハウスさんです。私もひまわり広場さんのお考えにすごく共感できたので、お世話になりつつも何かお店の成長のお手伝いもできたらな、と感じました。
そして2月18日(水)にも出演させていただけることとなり、2ヶ月後はレコ発も終わっていることですし、一回り成長した姿をお見せしたいと思ってます。ひまわり広場さんのアットホームな穏やかな雰囲気にあった新曲も書けたらなー(笑)がんばりますので、ぜひチェックしておいて下さい^^

はい、このライブで今年は歌い納めだったため、次のライブは来年です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月13日(火)
場所:下北沢屋根裏
Open 18:00 Start 18:30
前売り 1500yen 当日 1800yen

<出演>
松下直樹 / 鈴音 / 神楽サティ / はらぺこ
黒木翔太 / しまだあすか(茨城)/ 鹿谷弥生
※出番は未定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもお世話になっている屋根裏さんのアコースティックイベントです。このイベント私は大好きで、本当に個性豊かで実力派の方々がそろっているので、ぜひ遊びにいらしてください。
では、今年もライブが終わりあとちょっとですが、曲作りに励んできます!

2014-12-07

12.2 青山 月見ル君想フ

少し空いてしまいましたが、2日は青山の月見ル君想フさんというライブハウスに初めて出させて頂きました。いやー単純に大きな場所だし、有名な方がたくさん出られている所だし、なにより対バンさんがお名前をお聞きしたことのあるくらい大御所の方が多くて、出るずいぶん前から「この日は大変だ」と緊張していたのでした。笑

そんなこんな月見ルさんは、客として含めても伺うのが初めてだったのですが、雰囲気がめちゃくちゃ好きで、会場内をぼーっと眺めているだけで楽しかったです!演奏もリハの時からやりやすくて、今日は結構いい演奏ができるかもしれないと思いました。PAさんとかスタッフさんとかも、いつもすごいアーティストの方を相手にお仕事されてるんだろうと思うと、なんか緊張しましたが、やっぱり色んな注文にも柔軟に応えてくださって、すごく腕のある方々だと分かったので、逆にすごく安心してできたと思います。
見て下さったお客さんやお店の方々からもいい評価をいただけて、月見ルさんのような高貴なライブハウスでいい評価をいただけるということは、重みというか意味があるし、本当に光栄なことだと思うので一層嬉しかったです。やっぱり他の対バンさん見ていてもバンドで出られていると、自分もそうやってバンド形態でライブに出たらどうなるのかなーと、いつも想像して羨ましくなるのです。ただ最近は自分もサポートの方と練習をしはじめたところだったので、そのいつもの想像もよりリアルに現実味を伴うものになって、近い将来ああゆうふうにできるんだろうな、ってゆう感覚でみていました。特に今回は「バンドが合いそうな声と曲だね」「バンドでも見てみたい」と色々な人に言って頂けたので、ますますバンドでやりたい欲が上昇しました。

ただブッキング担当の方とお話していて、「弾き語りでも聴き応えがあった」といっていただけたのは、新たに嬉しい発見でした。自分はピアノの演奏や弾き語りにはずっと苦手意識があってバンドに憧れてしまうというお話をしたのですが、見ていてもそれはほとんど感じなかったと。
そして今回の対バンだった「いいくぼさおりさん」という方が弾き語りで出られていましたが、いいくぼさんは女性シンガーソングライターでかなり有名な方で、私もいいくぼさんと対バンだときいてものすごく驚いたし、告知すると「対バンがすごいね」といつもより周りからの反応も多かったくらいの有名な方なのですが、やっぱりいいくぼさんの弾き語りは格が違うというか、もう弾き語りというより全てにおいてエンターテイメントの域だなと思いました。それぞれの曲もものすごい振り幅だし、魅せ方が本当にすごくて、マイクスタンドをぐるぐる回したり(これはいいくぼさんのライブでは恒例なんだそう。笑)、頭を使って鍵盤を弾いたり、歌の中のコール&レスポンスで観客の笑いを誘ったり、弾き語りという枠を超えた圧倒的なステージに完全にやられてしまいました。

このレベルの弾き語りを見てしまうと、正直「バンド」とか「弾き語り」とかどうでもよくなってしまう気もして、たぶんいいくぼさんくらい自分でなんでも表現できるレベルになると、ピアノだけでも十分魅せられてしまうんだな、と思いました。弾き語りの最高峰の人だと思うし、逆にバンドにはなくて弾き語りにしかない魅力みたいなものを感じられた気がします。本当にいいくぼさんと対バンさせていただけて光栄だったし、すごく色んなものを感じることができて、本当に嬉しかったです。

さてさて、お次のライブはこちら!今度も初出演で、たくさんの女性シンガーソングライターさんと一緒のイベントです。リビングのようなアットホームな雰囲気だそうで、ライブハウスが苦手というかたにもこちらはおすすめです!これもおすすめで楽しみなイベントですので、ぜひ遊びにいらしてください!チケットご予約は saty3310@gmail.com または
http://saty3310.aremond.net/schedule/ticket/ のHPフォーマットに枚数とお名前をお願いいたします♪

お待ちしておりますね^^

ーーーーーーーーー

12月9日(火)

「ポラリスをうたおう」

場所:ひまわり広場で手をつなごう

Open 18:45 / Start 19:00

前売 2300円 / 当日 2800円(1drink別)

<出演>
今井里歩 / 有梨 / 神楽サティ/ 石井美帆 / 大桃彩

※出番は1番目で19:00〜30min.です!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

2014-12-02

新米 ひとり暮らしレポ

いよいよ12月に突入して、もうちょっとで今年も終わりますね~
そうそう、わたくし実は2週間前から家を出て一人暮らしはじめてるんですよ!
やっとここが自分の新しい家なんだと認識できるようになってきてますが、まだまだ慣れないところばかりです。一人暮らし始めて1、2日目の頃は今よりもやることなすことすべてが新鮮に映って、それまで気づきもしなかったような当たり前だったところに、すごく感謝を感じたりしました。

テレビが使えなくて、何も無い時間が静かで寂しかったり、
お風呂場やトイレに足ふきマットやスリッパがなくて冷え冷えしたり、
家に帰ってもご飯も調理器具や調味料もないし、冷蔵庫にも何もなくて一人で外食しにいってみたり、

最初のころは何にもなかったので、ひたすら不便との格闘だったのですが、その不便を実感して一つずつ必要なものを揃えていくと、だんだん楽しくなってきました!自分で自分の生活を作ってるみたいな。
昨日は初めてフライパンと調味料をそろえて、目玉焼きとウィンナーを焼いて、ミックス野菜と一緒に食べたんですよ。たったこれだけだけど、初めて火を使って調理したんで、それが自分の中で嬉しくて、一人暮らしバンザイ!って感じのテンションになりました。初めてレンジを使った時も、初めてポットでお湯を沸かしてカップ麺を食べた時も、いちいち感動(笑)自炊というレベルでもないのに、自分でできることが増えて来たことに一つ一つ喜びを噛みしめていて、今は1人の生活を最高に楽しんでますね。

ちょっと関係ないけど、「どうぶつの森」ってゆうゲームソフトがあって、私ゲームはほとんどやらない子供だったのですが、このゲームだけはめちゃくちゃ大好きで全種類もってたんですよ。それはどうぶつ達が住んでる村に引っ越して、そこでただ気ままに生活するゲームなんですけど、それも最初は何もない状態から、家に家具を置いてコーディネートしたり、買い物してアイテムを増やしてったりしてどんどん生活を豊かにしてくんですけど、まさにそんな感じの楽しさです。もう何にもないところから始まって、一から自分の生活をコーディネートしてくというか、新しいものを手に入れたり、新しい人に出会ったり、新しい機能を覚えたりしながら、ちょっとずつ自分の好きなもので周りを埋められるようになって、「自分らしい」生活になっていくんですよ。ゲームなんかに例えたらダメですかね。あんまり伝わんないけど、そうゆう感覚です。笑


というか、一人暮らしはじめて一番変わったのは、物価の感覚。今まで料理とかろくにしなかったので、食材コーナーとかちゃんと見比べたことなかったのですが、お店によってこんなに値段違うんですか!今まで気に入って買ってた冷凍パスタが、あるお店だと平気で100円以上高く売ってたり、かと思えばカップ麺が50円台で売ってたり(ブタメンより安いなんて。笑)、ものの価値基準が変わったというか、100円という金額ですら高く感じるようになりました。今まで外食なら1000円近くだしてもさほど何も感じなかったけど、こうしてると一回の外食=カップ麺何食分?とか考えてしまい、外食とか気軽にできなくなってきますよね。
ああ、これ以上喋ると貧乏性がバレてしまう。笑 

こんな感じで、ちょいちょい外食や飲み会にも行ったりしつつ、普段の食に関しては節約を意識しつつやっております。なんか一人暮らしすると圧倒的に食べる量が減って、今ラーメン1杯でもちょっと苦しいくらいなので、ダイエットできるのではないかと期待してます。ただ明らかに栄養のバランス偏ってるので、野菜も意識してとらなくてはね。大好きな納豆はほぼ1日1回は食べてるので、そのおかげか今のとこ体調は崩してません。

あと、昨日じいちゃんから着信があって、何事かと思いかけなおしたら「どう?ちゃんと飯食ってる?ちゃんと風呂入ってる?元気やってる?」みたいな話で、なんかほっこりしました。引っ越しのときもわざわざ仕事を休んで手伝いに来てくれたし、お金も貸してくれたし、家族の中でも一番気にかけてくれているのがおじいちゃんで、すごいぶっきらぼうだけど、「なんかあったら電話しろよ〜」と言ってくれる。私とは折りが合わないばあちゃんも、なんだかんだ家を出る直前は私の誕生日ってことでフライやすき焼きとかおやつとかを豪勢に振る舞ってくれて、毛布とかティッシュとか洗剤とか、一人暮らしに必要なものを色々プレゼントしてくれて、なんだかんだ応援してくれてる。

やっぱ家族ってあったかいなって思った。私は家族と上手く接することができないタイプだったし、家を出て行くことになったのも、いつまでも一緒にいたってお互い迷惑だろうと思ったからだったけど、やっぱり血がつながってて何十年も一緒に暮らして来た家族は、切っても切れない縁で結ばれてしまってる。だからいくら一人になったって、家族の存在はかけがえないものなんだと胸にじーんとくるものがあった。その家族のありがたみが分かったのも、一人暮らしはじめたからだと思う。ホントに大事にしなきゃいけないな。

ということで、一人暮らし生活、絶賛奮闘中でございます。音楽もよりいっそう身を入れて本気でやっていこうと思ってまして、色んな意味でこの引っ越しはいいきっかけになりました。これからもこのブログを通して近況なんかをつづってこうと思いますので、気が向いたときにでものぞいてみてくださいね。


そして、今日はおすすめライブですー!今から向かいますが、本当に高貴なライブハウスなので、初出演でめっちゃ緊張しております!対バンの方絶対すごいと思うので、今からでもぜひぜひ遊びにいらしてください^^

ーーーーーーーーー

12月2日(火)

「春待月の歌」

場所:青山 月見ル君想フ

Open 18:00 Start 18:30

前売 2000円 / 当日 2500円(+1ドリンク 500円)

<出演>

サトーカンナ / SACHI / いいくぼさおり / 神楽サティ / 光岡昌美

※出番は1番目で18:30~30min.です!

ーーーーーーーーー
プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR