FC2ブログ

2014-06-29

転機

人生に転機ってものがいくつか存在するならば、私にとっては今がその時であるような気がしている。ここ数週間、自分の立場ではなかなかお会いできないような人たちとお話する機会をいただいたり、すごく刺激的な出来事が多くて、着実に水面下で何かが動き出していると思うのだ。

昨日は、音楽の大先輩である方に飲みに連れて行っていただいた。アーティスト活動を応援するお手伝いの仕事がしたいということで、ぜひお願いしたいですと私から少しお話をしたら、快く引き受けてくださり、昨日はその打ち合わせに。色々な提案や今後の活動について、また音楽業界の話について、ものすごく熱くて濃いお話がきけた。
久々にちゃんとお会いするのもまだ2回目くらいで、改めて音楽でも数々の経歴と実績をお持ちの方なんだと再認識したけれど、お人柄がものすごく親しみやすくて、お笑い芸人並みに絶妙なたとえ話が軽快なテンポで次々に繰り広げられ、本当にその情報量にも考え方にも話術にも終始魅了されっぱなしでした。私は自分の話をするのは全然得意じゃないから、話が上手い人って昔からすごくうらやましかったのだけれど、昨日お会いした先輩は不思議と人から聞き出すのもお上手で、自分の話をするのにもほとんどストレスを感じなかった。音楽や表現者というものについての考え方も納得して共感できるものばかりだった。

そして、改めて自分の今の現状のヤバさを実感。デモや歌を聴いてもらうと、だいたい好印象でみてもらえるけど、全くそれが活動の進捗状況と結びついていなくて、今回デモを聴いてくださった大先輩には、

「自分、ホンマアホやな。笑」

ってしみじみと言われました。あ、ちなみに関西人の方です。笑
それくらい、今の自分がいる段階は自分の持ってる実力とか可能性からすると大分もったいないものなんだと実感しましたし、お客さんとつながるツールの活用や世に出す作品や宣伝媒体のクオリティが現段階で問題だらけなんだと思います。

ただ、大先輩にも今後一緒に何かを作り上げていこう!絶対いいものにしたる!という心強いお言葉をいただき、自分も今の状況からBefore→After並に変われる気がしています。
ただ、誰かに頼ってばかりで変えていただくのではなく、自分自身が自分自身のために変わる努力をしなければいけないと思っています。つまるところ、どんな人の手をお借りしたとしても、それを生かすも殺すも、チャンスにつなげるつなげないのも、全て自分次第。人から何を言っていただいても、最終的に自分の方向性や作品の形を最終的に決めるのは自分であるし、現に私はそうゆうアーティストになりたいのです。誰かに全面的にプロデュースされてある形に完成されるよりも、自分でできないところや分からないところを他の人にお願いして、自分で決めるべきところは全て自分で判断して作っていきたい。それが必ずしも効率がいいわけではなくても、人から一番求められている形でなくても、効率や他人の目を気にして自分自身を殺したくはないと思ってしまいます。

という感じで、私は「自分のことは自分で決めたい」という意識が結構強い方だと思うのですが、それゆえにあまり人の意見を聞き入れないところがあると最近気づきまして。結構人の意見をききたがりはするのが、せっかくアドバイスを頂くのにあまり活用しきっていないことが多くて、それを数週間前にボーカルの先生から指摘されて、ハッとしたのでした。先生からのアドバイスもちゃんと吸収しようとしていなかったことに、「本当に変わりたいの?」と言っていただき、私は自分がすごく傲慢だったことに気づけました。アドバイスを、やってみてもいないうちから「自分には合わない」とか「やっても無駄だ」などと決めつけたりしていたことで、変わるための可能性を自分で閉ざしていたんだと。それだからいつまで経っても変われるもんも変われないし、周りの人だって何も助言したくなくなると、教えていただき、本当にその通りだと思いました。それ以来、自分のプライドとかポリシーは持っておきたいとは思いつつ、他の人のアドバイスも一度はやってみて、スポンジのようにできるだけ多く吸収していこうと思っています。


最近は色んなご縁やタイミングが重なって、会社の社長さんとか音楽業界で活躍されて来た方とお話をさせていただける機会がいくつかあったのだけど、気づいたことはみなさん共通してるのは、明らかに「実行力」「決定力」がずば抜けて高いと思いました。大きな責任のある立場の人であるのにも関わらず、誰に対しても(たと相手が、私のようなどこの誰だかもよくわからないような小娘であっても)、すごく真摯な姿勢で対等にあろうとしてくださったり、しっかり意見を尊重してきいてくださったり、そして何よりその話の中で出て来たことを冗談半分に流さないで、実際に実行するための計画(日時場所など)やスケジューリングをその場で決めてしまったり。
こうゆう姿勢は、もうその人の日頃からの習慣なんだと思いますが、そこらへんにいる人と明らかに違う点だと思えましたし、意味なくその場では決めずに先延ばしにする自分とはえらい違いだと思いました。どんな小さな機会やチャンスでも必ず実行するように手配していき、まさに有言実行の姿勢というか、そこから色んなきっかけにもなるし、その実行力が周りの人からの信頼にもつながるんだと思います。

私は一生社長やリーダーの立場とは無縁だと悟りました。笑


なんかここ数週間いろいろなことがあって、書いてる記事は少なかったけど、色々心が動いています。それを今回無理くりつめこもうとして、今回のこの文章が結構意味分からないかもしれませんが、眠いのでどうか許してください。

あ、それから twitterアカウントを作りました。
@KaguraSaty

これも小さな動きではありますが、いずれなにかのきっかけになれたらいいな。
まだフォロワーさんも少なくて、それなのにつぶやく勇気がもててない状態ですが。
こちらもマイペースに活用してまいりますので、どうぞよろしくお願いします!
スポンサーサイト



プロフィール

神楽サティ

Author:神楽サティ
神楽サティ(かぐらさてぃ)と申します。
シンガーソングライターの端くれをしています。R&B、Rock、歌謡曲などを含んだ「ポップス」を目指して、現在ライブハウスで活動中。主に気まぐれなつぶやきですが、よかったらのぞいていって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR